FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100メートル、9秒で走れるフリをする・・・要は要領なのか。

私は昨日のブログに、
100メートル走るのに20秒かかる人に、「10秒で走れるようになろうよ」といった声掛けをするのは適切ではなく、
「この人は100メートル走るのに20秒かかる人なんだ。」と理解することが大切だと書きました。

でも、実際の社会は、
100メートル走るのに20秒かかる人に、「10秒で走れるようになるのは当たり前。」、
「実際9秒台で走ってくれないと役に立たないんだよね。」と言われるのが世の現実です。

だから私も、就職当初は、必死で100メートルを10秒で走れるように頑張りました。

そして、やっと10秒で走れるようになりました。

でも、それは当たり前のことで、
周囲は100メートルを9秒台で走れないと認めてくれないのです。

でも私の能力では、どんなに頑張っても100メートルを9秒台では走れない。

じゃあ、どうするの?

「9秒台で走れるフリ」をするしかありません。

どうしたら良いのかを考えに考え、
要領良く、試行錯誤し、一見9秒台で走れているフリをするのです。

そんな自分に、時折ものすごく疲れます。

昨日、仕事で昔の自分のような子が
仕事が要領良くこなせなくて、周囲から酷く非難を受けていました。
胸が痛みました。
まるで昔の自分を見ているようで。

私は、「何くそ!負けるもんか。」 「いつか・・・、いつか絶対に見返してやる。」
といった強い思いで頑張りました。
でも、その子には私と同じ思いで成長して欲しくはない。

例え成長できたとしても、心に深い傷が残ります。
もっと温かい眼で見守ってあげることはできないのか。

社会に出るって、本当に厳しいことだけれど、
肯定的なコミュニケーション。。。
本当に考えさせられます。

怒るのではなく、叱りたい・諭したいですね。



スポンサーサイト
902:
フリをする事の重要性、、大事ですよね。
私自身も大昔ある試験(実技)を受けるときに
自信がある様に見せる事はとても大事だと
教わりましたよ。 自慢にもなりませんが、私も
面接官をさせられた時にもやはりそう感じました。

・・・そうしないと、この人は「大丈夫だろうか、、?」と
審査員は考え、マイナスの方向に
点数を付けてしまう事に「繋がる」ようですね。
いわゆる、負の連鎖ですが、。

先ずは、「形から、意識の改善を図る」事が
とても有効だと考えます。・・・いつも本人さまが
「意識出来る」、、

もし、助言してやりたい時は、、
例えば、、「フリルの襟の付いた服」等を着用して
みるとかの助言は如何でしょうか?。
(フリる)だけに、、、?^^。
904:管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
905:管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
907:Re: 鍵コメ(c)様
ご無沙汰しております。
コメントいただいたにも関わらずお返事もせず、申し訳ありませんでした。

少し疲れていたのか、ブログを開く気になれず・・・。
ひと月以上も、ブログから離れてしまいました。

グレードの試験まで、あと少しなのですね!
いつも明確な目標を持ってピアノに取り組んでいらっしゃる鍵コメ様、素晴らしいです。
応援しています!(^^)!

また、ブログにおじゃま致しますね!
温かいコメントを本当にありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぱるトロワ♪

Author:ぱるトロワ♪
ご訪問ありがとうございます。
2012年9月より、14年ぶりにピアノを再開しました。
レッスンや練習の記録、日々の出来事などを想いのまま綴っています。
現在は、自宅の電子ピアノを中心にたまに実家のアップライトを使用しつつ練習しています。
いつかグランドを手にする日を夢見て、「毎日練習」を目標に頑張っています。
よろしくお願い致します。

ブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

PVアクセス

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お越しいただき、ありがとうございます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。