スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オルセー美術館展 音声ガイドのピアノ曲が楽しかった

今日は六本木の国立新美術館へ、オルセー美術館展を観に行ってきました。

そして今回初めて音声ガイドを借りてみたのですが、
面白いですね!

絵画の細かな解説ももちろん興味深いのですが、
解説のバックに流れるピアノ曲が、これまた興味深い!

印象派の絵画達なので、ドビュッシー・ラヴェル
それにバッハ・スクリャービン・サン=サーンスなどが混じっておりました。

ドビュッシーの「レントより遅く」は、ヴィーナスの誕生とコラボされていたのですが、
なんだか相乗効果で、絵画も音楽もどちらもより素晴らしく感じるというか…。
印象派の絵をみながら印象派の曲を聴くっていいですね♪

そうそう、バッハのゴルトベルク変奏曲が肖像画とコラボされていましたが、
これも良かったです。

何だか、とてもドビュッシーを弾いてみたくなりました。
「レントより遅く」ステキな曲ですね~(^^♪
曲は何となく知ってはいましたが、きちんと聴いたのは今日が初めてかも。

これからは、音声ガイドは必ず聴くようにしたいと思います。

そして・・・
ランチをしに六本木ヒルズに行ったら、

ドラえもん①

ドラえもん②

ドラえもんがいっぱい(笑)

暗記パンとタケコプターはやっぱり人気(*^^*)

どこでもドアもあったのですが、夏休みでお子様がたくさん並んでいたので写真はあきらめました^^;



スポンサーサイト

日出処の天子

昔はあんなに大好きだったのに、
ここ10年程まったく漫画を読まなくなりました。

実家に大量にあった漫画達も、ほとんどを古本屋に売り払ってしまったし、
私の今の自宅に置いてあるのも、段ボールひと箱分のみ。
小説と一緒に詰められています。

箱を開けるのは、出すのも片づけるのも面倒な作業なので(重いし…^^;)
ここ数年、開かずの箱と化していたのですが

先日、NHKの連続テレビ小説「花子とアン」を観ていて、どうしても「赤毛のアン」を読み返したくなったのです。

そこで昨日、よし!と箱を開封。
中身を漁ると…、第4・5・6巻しか見当たらない。あれ?1・2・3巻はどこへ^^;?
う~ん、1巻から読みたい。

そうこうしている内に、山岸凉子さんの「日出処の天子」が目に入りました。

山岸凉子さんの漫画は、最初バレエ漫画である「アラベスク」にハマったのがきっかけで大好きに。
この「日出処の天子」は聖徳太子を主人公にしたお話しですが、最初に読んだ時はあまり面白いとは思いませんでした。
でも昨日読み返してみたら…、あら面白い。
これは、ハマる…。

今日は早朝から仕事だったというのに、ついつい夜中の3時近くまでかかり、最後まで夢中で読んでしましました。

漫画も音楽も・・・、年齢を重ねると感じ方が変わってくるものなのですね。

にしても…、
この漫画、少女雑誌に連載されていたわけだけれど、明らかに子供向けの話ではないよなぁ。

まぁでもよく考えたら、私が10代前半によく聴いた流行りの曲だって、いま聴いてみると歌詞はかなり大人な内容。
というか、子供がそれを歌うんかい…的な(^^ゞ
たぶん、あの頃の私は歌詞の意味なんて理解せずに、ただ乗りが良い…ということだけで、
カラオケなどで歌っていたのだと思います。

漫画もそれと同じなのかな。
こうして忘れた頃に読み返すことで、昔は気にも留めなかった場面に涙したり、何気ないセリフが心に響いたり・・・。

私の中の名作漫画たち…、もっと読み返してみようかな。



六本木「サブリス」で女子会!

六本木交差点近くにある「restaurant SuBliss (レストラン サブリス)で先日、女子会をしてきました。

女子会1


前菜盛り合わせ
季節野菜のバーニャカウダ
チキンポットパイ
シーフードのサフラン風味・白ワイン蒸し ガーリックトースト添え
牛フィレ肉
パスタ
デザート

これに飲み放題の付いたお得なコースです。
1杯スパークリングワインも付くし、飲み放題にしてはビールもワインも美味しかったです。
お料理も多過ぎず少な過ぎずで残さず食べられる量でしたし。
何より、ソファーでゆっくりとくつろげて嬉しい♪

お酒も入り、まったりしながら女子トークが弾みました。

今回は、前の職場でお世話になった先輩が産休でご実家に帰られるため
その壮行会を兼ての集まりでした。

あとひと月後には、可愛い女の子をご出産される予定。
楽しみです♪



まずはここ最近怠けていたバッハから、気持ちを新たに譜読み開始!

バッハのシンフォニアはあと残り13番・14番・15番です。

あと残り3曲、さて譜読みするぞ!!!
と気合を入れたものの、この13番けっこう譜読みしにくい(-_-;)

内声を右で取るか左で取るかに迷うのと、運指もなかなか定まらない。

私は、原典版をベースに、解釈版の楽譜を2冊併用しながら譜読みしているのですが、
3冊ともけっこう、運指が異なるんです。

どの場所で、どの運指を採用すべきなのか全く判断がつかない…
無理のない、手に負担のない指の運びで、かつ各フレーズがキレイに聴こえるように…

といったことを判断基準にしていますが…
う~ん、わからん(=_=)

運指って考える人によって三者三様、こんなにも違うものなのですね。

実は、8~10小節目の運指をどうするか全然決められなくて、
あ~でもない、こ~でもない…と今朝はだいぶ悩みました。

下記に、3冊の楽譜の同じ小節を撮ってみました。
(写真が薄くなってしまいました。お時間がありましたら、画像をクリックしていただきますと、拡大します。)

シンフォニア13-1

シンフォニア13-2

シンフォニア13-3

写真が見難くて申し訳ありません。
一番上が、ウィーン原典版ですが、これにいろいろと書き込んでいます。

上記箇所、何度も楽譜に書いては消して…を繰り返したので少し楽譜が汚くなってしまいました^^;

今日は24小節目まで、メトロノームに合わせて4分音符=30回/分で弾いて練習終了です。
まだまだ譜読み、時間かかりそうです(>_<)



         
プロフィール

ぱるトロワ♪

Author:ぱるトロワ♪
ご訪問ありがとうございます。
2012年9月より、14年ぶりにピアノを再開しました。
レッスンや練習の記録、日々の出来事などを想いのまま綴っています。
現在は、自宅の電子ピアノを中心にたまに実家のアップライトを使用しつつ練習しています。
いつかグランドを手にする日を夢見て、「毎日練習」を目標に頑張っています。
よろしくお願い致します。

ブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

PVアクセス

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お越しいただき、ありがとうございます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。