スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんな狭間で悩み苦しむのかなぁ。

仕事で、感情的になって怒りを周囲にふりまく人。
私の職業には多いです。

そんな人達は、いったい周囲に何をどうして欲しいのでしょう。

怒りの矛先を直接本人にぶつけるでもなく、遠回しに、でも聞こえる声で嫌味をいってみたり。。。

きっと自分を、自分の感情を直接ではないけれど分かって欲しくて仕方がないのだと思います。
どうして、そんなに自分のことを分かって欲しいのでしょうか。

分かってもらって、それでどうして欲しいのでしょうか。

そして、そのように感情的なって怒りを周囲にまき散らす人って、どういった人生を送ってきたのでしょうか。
どのような環境で育って、そういった人格が形成されたのでしょうか。

周囲を、自分の思う通りにコントロールすることなんて出来ないのに。
怒ってどうにかなるとでも思っているのでしょうか。
それとも自分で自分をコントロール出来ないくらい病んでいるのでしょうか。

そういった人って、仕事で言うと新人と中堅の狭間、中堅とベテランの狭間、ベテランと超ベテランの狭間…
などに多い印象です。

自分を誇示したい時期なのかもしれません。

ベテランと超ベテランの狭間においては、本当に尊敬すべくリーダーと、ただの横暴な人とに分かれる気もしますが。

何かの狭間って、人を狂わせるものですよね。

例えば、何か新しいことを始める際や転職の際にも同様の行為を見かけます。

私の業界は転職が多いので、良く見かける光景です。

私も注意しなければ、自分はそのようにならないようにしなければ…
いつも考えさせられます。



スポンサーサイト

レッスン間隔が短い時の練習をどうするか

私の仕事は不規則勤務なので、定期的にレッスンに通うことは無理。
結果的に、次のレッスンまでの間隔が3~4日になってしまうこともやむを得ない状況です。

でも3日後が次のレッスンとなると、その間に仕事の休みなんてもちろんないし、
正直、どう練習したら良いのか分からない。

たとえば、ほとんど練習出来ずにレッスンにいったとすると、
前回のレッスンと全く変わらないか、もしくは後退していますよね。
むしろ後退していることの方が多い。

そんなレッスンに意味はあるのだろうか。

これは、レッスン間隔が1週間あいたとしても時と場合により感じることで、
例えば、忙しかったり・疲れていて、次のレッスンまでに殆ど練習出来なかった場合でも、
レッスンを有意義な時間にする方法というものは存在するのだろうか。

そしてそのような時、私はどのような練習をすればよいのか。

その3日間で、例えば1曲の数小節だけをを重点的に練習すれば良かったのか。
脱力のみに集中して練習すれば良かったのか。
私は、どうすれば良かったのか。

そういった時は潔く、お休みした方が良いのか…。

別に、年間のレッスン回数を満たすことに私はこだわりません。
定期的にレッスンに通えないのは私の事情なのだから、それをどうこう言うつもりもない。

たとえ病気や体調不良でレッスンを休んだとしても、それは自己管理が出来なかった自分の責任だと思っています。
(もちろん、子供だったり入院するような重病や慢性疾患を患っている方は除いての話ですよ^^;)

定期的に、レッスンに通えない仕事を選んだのは私なのだから、これは私の責任です。

ただ、長い目で見て、ピアノが長続きするようなレッスンにはしていきたい。
それには、ピアノを弾くことやレッスンを受けることが、精神的な負担とならないことが一番です。
精神的な疲れ程、ダメージの大きいものはないと私は思っています。

ここ最近、ず~っと考えています。
私は、いったい何がしたいのか。。。
どうしたいのか。
どうレッスンを受ければよいのか。
考えて、答えはでるのでしょうか。

まぁ人間、ゆっくりじっくりと悩む時間も必要です。



薬味の力ってすごい~

最近、た~っぷりの白ネギとミョウガ・大葉のみじん切りをほんの少しのごま油と醤油であえ、
お刺身の上にのせて食べるのがマイブームです。

カツオやマグロの赤身と一緒に食すと、もう最高~♪
幸せ~な気分に(^^♪

日本食ではないけれど、
中華料理の麻婆豆腐やエビチリを作る際の、しょうが・ネギに豆板醤を合わせた時のあの香…
あれも食欲をそそりますよね!

薬味の力って凄いなぁ。

ほんの少し手間をかけることで、料理って本当に美味しくなるし、幸せな気持ちにしてくれる。

私の母は毎年、味噌を手作りして分けてくれるのですが、
昨年貰ったものは、1年熟成させたもの。
今年貰ったものは、2年熟成させたもの。

2年熟成のものは、色も濃い~くて、とにかく甘い。
野菜にそのままつけて食べるのが、母曰くおすすめの食べ方らしいです^^

1年熟成のものは少し塩分が強いので、モツ煮込みやカキ鍋などにしても美味しい。

梅干し、味噌、醤油、薬味…
日本人に生まれてよかったぁ~、と思う瞬間です♪



大人は自由だからこそ厳しい。

前回のレッスンから、ほとんどピアノを弾いていません。

時間なんて、作ろうと思えばいくらでも作れたはずですが、
そんな気にもなれず。

ちょっとピアノ以外でやってみたいこともあるので、
この機会に、もう一つ趣味を増やしてみるのも良いかなぁ、と思っております。

もう少し手軽に気楽に楽しめる趣味が欲しいと思っていたところだったので丁度良いかも。

最近は、ピアノに割いていた時間をお料理に当てたり、テレビを観たり、これはこれで楽しいです。

別にピアノが弾きたくなくなった訳ではないので、
その内、またピアノ熱が上昇してくるでしょう。

今まで実家に帰ると、ひたすらピアノを弾いていましたが、
最近のやる気低迷中の私をみて、母は「お花見に行こう」などと誘ってくれます。
母から教えて欲しいこともあるので、次回実家に帰った際は、ピアノ練習は無しかなぁ。
たまには、それも良いですね^^

でも、バッハの譜読みはかなり中途半端なので、それはどうにかしないとな。
次回のレッスンまでにやる気の神様が降りてきてくれると助かるのですが。

大人のピアノレッスンって、
練習を全くしていかなかったとしても、誰も何も言わないし、
提出期限があるわけでもないし、
自分さえ満足できれば、課題の質が良かろうが悪かろうが関係ないわけで、

すべてが自由過ぎるんだよなぁ。

まぁ、それが大人の厳しさでもあり、そもそも趣味ってものなのか^^;?



お土産に購入した釜揚げしらすで

今日の夕食は、お土産として購入した釜揚げしらすでパスタを作りました♪

「釜揚げしらすと水菜のペペロンチーノ」です^^

パスタ


今日の日中は暖かく、散策で汗もかいたのでリースリングワインが飲みたい!

帰り道に近くのデパートに寄りましたが、
う~ん、普段飲みのワインとしては私にはちょっとお高い~^^;
もう少し安く手に入らないかなぁ…と、近くの輸入食品店へ。

リースリングにミュスカデが混じったものでしたが、安い物をみつけました(それでも私にしては奮発しました!)。

ちょっと手違いでパスタが2人前くらい出来てしまいましたが…
(どうみても多いですよね…)
明日からダイエット&また節約します(^^ゞ

お土産は、あと茎わさびの酢漬けを買いました。
大好きなんです^^



たかが「おみくじ」なのだけれども…

伊勢海老、アワビ、金目鯛煮付けが付いて〇〇〇〇円といった激安プランに惹かれて、
昨日~今日にかけて近場の温泉に行ってきました。

お食事は、値段が値段なのであまり期待はしていませんでしたが、
想像通り「まぁ、こんなものだよね~」と言った感じ^^

の~んびり温泉にも入れたし、食事もそこまで期待外れといった訳ではなかったし、満足満足♪

帰り際に、せっかくここまで来たのだから…
と近場のパワースポットなる神社を参拝しました。

そして「神社に来たら、やっぱりおみくじだよねぇ~」
とおみくじを引いてみたところ、結果は「末吉」。

まぁ、そこまでは「ふぅ~ん。」と言った感じだったのですが。

よく書いてあることを読んでみると…

総評…
「真面目に努力を重ねても、いま直ぐに成果が出てこない苦しい時。物心ともに停滞気味だが、ここで焦ればそれだけ抜け出すことが遅れてきます。春の雪解けを待つ心がまえを持ちたいもの。(中略)腰を据えて将来の計画構想を練っておきましょう。」

技芸(ピアノ^^;?)…
「基礎になる部分がどこか欠けてはいないか。真剣に自分の実力をいま直ぐ点検してみよ。まだ間に合う。」

仕事についても「謙虚に反省してみよ。一から出直すことも考えよ。」
…って(ーー;)

普段おみくじなんて、朝の情報番組の占いくらいにしか気に留めない私なのですが、

なんで今?この時期・このタイミングでのこの「末吉」???

たかが「おみくじ」なのだけれども…
今の私には、このおみくじに書かれている言葉の数々が、本当にズシィ~ン!!!と圧し掛かって
この結果にびっくりしました。

な…なんだか落ち込むわ(/_;)

でも、ここはパワースポットだものね!
今は運勢が悪いかもしれないけれど、きっとここに参拝したことでパワーをもらえたはず!

普段、占いも神様も信じない私ですが、
今日は真剣にお祈りしてきました。

ひと言でいうと
「謙虚に清廉に、そしておおらかな心で生きなさい。」
といったお説教のようですね(^^ゞ

心掛けよう!



真のプロフェッショナルは自然と人を惹きつけるものなのですね

時々このブログのお話に登場する私の父。
趣味は映画鑑賞です。

私が実家に帰る目的は、大概が生ピアノを弾くためで、夜になると父が映画を観ている横で消音してピアノを弾いています。
なので、普段父が観ている映画を、私が一緒に鑑賞することはありません。

ところが、集中してピアノを弾いているつもりでも、印象的なセリフや音楽って自然と耳に入ってきてしまうのか、
ピアノを弾く手を止めて、テレビ画面に魅入ってしまうことが、たま~にあるんですね。

2か月程前でしょうか…
父の観ていた映画に、自然と魅了されてしまい、ピアノを弾くのをやめて結局最後まで父の隣で映画に魅入ってしまったことがありました。

私が魅了されたのは、ひとりの俳優さんの演技で
福本静三さん、御年71歳の方です。

「50年以上に渡り、時代劇・現代劇を問わず「斬られ役・殺され役」を演じてきたことから、「5万回斬られた男」の異名を持つ(ウィキペディアより引用)。」
知る人ぞ知る、「斬られ役の達人」だそうですね。

長年に渡り、大して顔の映ることもない役をコツコツとこなし、斬られ役としての研究を怠ることなく、
「たとえ華やかな仕事でなくても、真面目にコツコツと働いていれば、いつかは評価される」
と努力を続け、2002年にはトムクルーズ主演のラストサムライにも出演されたそうです。

その俳優さんの初主演映画が私が父の隣で偶然観た
『太秦ライムライト』でした。

どうやら私が観たのはNHKで放送されたテレビ編集版みたいで、劇場公開はなんと2014年初夏、これからだそうです。

これから公開の映画なので詳細は書きませんが、まるで福本さんの71年の人生そのもの…みたいな映画に感じました。

この映画でとても印象的なセリフ「どこかで誰かがみていてくれる。」
このセリフに福本さんの今までの生き様を感じて、感動して、本当に泣きそうになりました。
(父の隣だったので、頑張って我慢しました(^^ゞ)

こういう人を真のプロフェッショナルって言うんだな。。。

そして、何気な~く隣でピアノを弾いていた私(ピアノを弾く際は、テレビには背を向けています)を魅了し、
テレビから目を離せなくしてしまったのですね。

舞台や演技に特別な興味がある訳でもなく、
それも時代劇の斬られ役なんて、私にとっては何の興味もない分野で、

でも真のプロフェッショナルは、やっぱり違う…、
その分野に興味のない人をも惹きつけ、自然と魅了させる力を持っているのですね。



オーブンレンジが急に大きな異音を発して壊れました

一昨日の夜、冷凍したごはんを温めていたら、急にオーブンレンジが「ブオォォォ~!」とものすごい異音を上げ始めました。
爆発するんじゃないかと思い、怖くなって急いで停止。

…、…、気のせいだったのではないかと、もう一度スイッチON!
「ブオォォォ~!!」
わぉう~、停止!!!

どうやら故障したみたいです。
私が、就職して一人暮らしを始めてからのお付き合いなので、かれこれ12年も頑張ってくれました。
良く頑張ったなぁ、私のオーブンレンジ。

にしても、レンジ無し生活…、すんごく困ります。。。

あぁ、もう週末の連休に入っちゃう!
増税前の駆け込み購入だとか、新生活に向けての購入ラッシュだとか、ニュースで騒がれているし。
こんな状況で、すぐに配送とか手配してもらえるのだろうか。
(道具がないので、自力で持って帰るのはムリ(>_<))

急がなきゃ~!
と焦って、昨日の仕事帰りに近所の電気屋さん&ホームセンターに行きました。

いろいろと見比べてから買おうと思ったのですが、
電気屋さんのセールストークの上手いこと上手いこと。
購入者をその気にさせるプロだわ!

・配送料無料!
~たしか〇〇電気さんは配送料かかったと思いますよ。(By電気屋さん)

・無料で箱から出して所定の位置に設置しますよ。←重くて持ち上げられるか心配だったので、一人暮らしの私はとても確かる。

・今なら、明後日の午前中の配送枠が空いていますよ(増税の影響もあり、やはり配送枠は異常な程混みこみらしいです)。

・この辺で一番安いと言われている〇〇電気さんの値段は常にチェックしているので、それ以上高いことは絶対にありません。もし高かったら(店員さんの)名刺を持って言いに来てきださい。何かで必ず埋め合わせしますから。
←そんな文句言いに来る人なんて実際に居るのかな^^;?

・〇〇カメラでポイントを付けるよりも、その分値引くされた方が嬉しいでしょ~。
 ウチはその分値段を下げます。

などなど、スマホで価格.comを見せながら、ウチはここまで安くします的なトーク・トーク・トーク。

すごいなぁ~、電気屋さんの話術って^^;

結局、すぐに配送してもらえること・商品を無料で設置してもらえること、が私の中で決め手となり
その場で購入を決めました。

もうちょっと安く買えたのかもしれないけれど、まぁいいか。
店員さんに乗せられて購入しちゃった気もするけれど。

いつかの、家やピアノを購入するときには、もっと慎重に比較しなきゃね(^^)



毎日、ピアノを弾くことに意味はあるのか

仕事の後は疲れてしまい、ピアノを弾くことは出来ても忍耐を伴うような効果的な練習は出来ないのが現状です。

それも、この疲れ…
体力的なものよりも精神的な疲れの方が大きいです。

この精神的な疲れを解消するのが、少しの晩酌だったり、美味しい物を食べることだったり、ゆっくり眠ることです。

特に睡眠はしっかりととらないと、どうしても仕事で注意力散漫になってしまうし、
そんな自分に、何かミスをしてしまうのではないか…と疑心暗鬼になり、
不安で、しつこいくらい同じことを繰り返し確認したり、そのせいで仕事が遅れてイライラしたり、
全く良いことがない。

やっぱり、頭の回転の良い日は
ほんの少しのことにも「ピンッ!」とアンテナが反応するというか。
仕事の精度も変わってくるし、体調管理って大切だな、と最近特に実感します。

なので、ここ数年は20代の頃のように無理して予定を入れたり、睡眠時間を削って遊んだり…などは極力控えるようになりました。

翌日、翌々日まで、ムチャした日はそれ以上の日数、本当に仕事が辛くなるのですもの…。

そう考えると結果的に、集中してピアノを練習するのは結局休みの日のみ、となります。

それ以外の日はまさに、「ただピアノに触っているだけ練習」といった感じで、
譜読みも全然進みません。

「ただピアノに触るだけ」に意味はあるのか。
そんな練習するくらいなら、その時間を睡眠時間にあてた方が、よっぽど有意義なんじゃないかしら。

集中して練習するか、寝るか。
どちらかにした方が、自分のために良いのかもしれない。

練習時間、少し減らそうかな。
何も、毎日弾かなくてもいいわけだし。

最近、努力が空回りしている気もするし、
根本から、「ピアノを弾く」ということを考え直した方が良い気がします。

やる気も、モチベーションも一定している訳ではないから、
忍耐力のない日は、「練習しない」のもありなのかもしれませんね。

もっと、精神的な体力が欲しいな。
どんなに忙しくても、やる人はしっかりやるし、
たとへ疲れていても、有意義な練習をしているものね。

それって、どうやったら鍛えられるのかしら。
日々の心掛けかな?

↑上記の文章を書いたのは、実は一昨日で、ピークに気持ちが落ちておりましたが暗い文章だな^^;
 皆様からコメントもいただき、今は少し肩の力も抜けて、だいぶ気持ちが楽になりました。
 
 ありがとうございました(^^)



次は何を弾こう…って考えるのがストレス

確かに、いつか弾きたい曲を妄想するのは楽しいのですが、

それが直近にのことになると、急に選曲がストレスとなるのです。

だから、サークルの演奏会も今まで弾いた曲から選ぼうとは思っていたのですが、それを考えることすら、
今はストレスです。
もう、「次に何を弾こう…。」とか考えたくない。

先生に「何を弾きたい?」と訊かれて困る自分。
おかしな現象ですね。

最近すっかり自分が何を弾きたいんだか、分からなくなってしまいました。

どんな曲が好きなのかも、何だか分からないというか。
頭の中がゴチャゴチャとして、選べないんです。

曲を知らない…というのも大きいけれど。

大人の方って、みんなどうやって次に弾く曲を選んでいるのかな。

ブログでは、なるべく前向きな発言をして、少しでも自分の気持ちを上に上にもって行こう、
楽しくないことも楽しいって言い聞かせよう。

と思い、楽しい事を探して書いたり、今日感じた嬉しい事・良い事を前向きに書くように心がけてきましたが、
何だか、それも疲れました。

仕事のブログじゃないんだし、もう変に前向き発言するのはやめよう。



譜読みって何?そして私はどこに向かって努力するのか。

譜読みって何なのでしょう。

私は、次回のレッスンまでに出された課題は極力、次のレッスンまでにゆっくりと通して弾けるようにはしていきます。
だからといって、譜読みが早いわけではありません。
日々、かなりの時間をピアノに割いて必死に指に音を覚え込ませただけです。

音楽的な基礎知識、ベースのない私が、スムーズに譜読みなんてできるわけがない。

ひたすら、根性でどうにかしているだけ。

では根性で一週間で音をとって何となく弾けるようにしたとして、そこまではどうにかなったとして、
その後の練習には忍耐が必要になってきますね。

先生は自分の練習では、弾けない部分を取り出して、その練習だけでも2時間はかけるといっていました。

それが出来るためには、一にも二にも忍耐が必要です。
忍耐。。。
これが今の私には不足している。

それはピアノに限ったことではなく、生活全般、私の人生全般に言えることです。

子供だとか、大人だとかではなく、その時の自分がその時に必要なことに忍耐強く取り組めるか、そうでないか…、
ですよね。

私、根性はあるのですが、忍耐がないのよね。

そしてピアノにおいては、やっぱり知識がない。
だから、楽譜をアセスメントすることが出来ない。

アセスメントは、知識を身に着けることも必要だけれど、経験で身に付くことも多いですよね。
ピアノで言えば、多くの曲をこなし、その曲について悩み・考えることが経験でしょう。
でも、経験だけでは悲しいかな、薄っぺらいアセスメントです。

その、薄っぺらいアセスメントを根拠に基づいた、しっかりとしたものにするためには、やはりベースとなる知識が必要でしょう。
それがあって、より深い分析ができる。

仕事では、何年もかけ知識と経験を身に着け、このアセスメント能力を養ってきました。
努力もお金も、時間も費やしました。
それでも、まだまだ努力不足過ぎて、職場で「私はアセスメント能力がある」などとは口が裂けても言えません。

ピアノも、何かを身に着けたいのなら、努力・忍耐・多少の金銭・時間、、、
が必要でしょう。

私は、どこに向かって努力するのか。

まぁ、「頑張らない」という選択肢も、もちろんありなわけで、、、

私はどうするのか、どうしたいのか、どうなりたいのか。

それによって、レッスンも変わってくる…
といったことが、昨日の先生からのお話しなのかと解釈します。


私は、いったいどうしたいのでしょう。。。



ドラクエの譜読みに自分の成長を感じる

今週は、次回のレッスンまでに終わらせなければならない新曲の譜読みがひとつもな~い♪♪♪

だからと言って決して余裕があるわけではありませんが、この隙に何か1曲譜読みしちゃおうかしら♪

ドラクエ、ドラクエ~!(^^)!
ドラクエの譜読みをしよ~っと!

今回はドラクエⅢから「王宮のロンド」を弾くことにしました。
この曲大好きで、前から弾きたくてしょうがなかった。

さぁ、せっせと譜読み~、譜読み~、譜読み~。。。

やっぱり良い曲だな~(^^)

最近ドラクエの譜読みをするたびに、どんどんと譜読みが楽になってきている自分を実感するんです。

これもシンフォニアに悪戦苦闘している成果かと思うと嬉しいです。

この曲も3声の部分はあるけれど、だいたいが2声だし、
ゆっくりであれば、意外と弾き易い。

どこをどうノン・レガートで表現するとか、装飾音をどう弾くかなども、シンフォニアのレッスンで経験済みだし迷わない。

普段のレッスンでは苦労しまくりな私ですが、こういった部分でレッスンの成果が見えるのは、本当に嬉しいです。

ただこの曲、テンポが速いんです(ーー;)
指定速度は、四分音符=90回/分…、メトロノームに合わせてみたらけっこうな速さでした。
とても軽快な曲なんですよね。

まだこの、テンポを上げる…ということに関しては、レッスンでもまったく課題を克服できていない私。

この曲も、この部分で苦労しそうな予感。。。

例によってポピュラーの楽譜なので運指の指定は全くありません。
今回は、テンポを上げても弾き易い運指、、、をテーマに自分でじっくりと考えてみました。

発表会の曲に取り組み始める前までには、録音に持っていければと思うのですが…。



貴重な土日休み、今すべきこと…それは

先週末は、私にとってはめずらしい、土日休みの2連休でした。

こんな機会はめったにないし、何をしよう…といろいろな事を考えましたが、
結局2日とも、自宅で過ごすことに。

昨年末からず~っと多忙だった仕事も、
ここ最近ひと段落して、気力・体力が舞い戻ってきていました。

この気力がみなぎっている今だからこそ出来ること・すべきことしよう(^o^)/
それは部屋の片づけです(^^ゞ

実は、年末年始は疲れてまともに大掃除もしていなかった私。

よし!今こそ大掃除の時だぁ~!!!

と家具を動かし動かし…トイレの床から洗面所の床まで、雑巾がけして。。
冷蔵庫整理、食品棚の整理&消費期限切れのチェック、洋服整理などなど…。。。
2日かけて念入りにお掃除。

飽きたら合間にピアノ弾いてみたり^^

あぁ~、家の中がスッキリした~ヽ(^o^)丿

部屋がキレイになると、何だか生活全般にやる気がフツフツと湧いてきて♪♪♪
お料理をするのも楽しくなりますよね。

まだまだ寒~い毎日ですが、こうして仕事が落ち着き心の余裕が出てくると、
あぁ、春が近づいているんだなぁ~。
と毎年実感します。

まだまだ私の周囲ではインフルエンザが流行っているし、今年は胃腸の調子を崩す方も多い印象。

まぁ、そこもまだまだ気を付けないといけないけれど、
そこよりも何よりも…
体調管理のためにも、
もうすぐやって来るであろう暖かい季節に向けて、私には頑張らなければならないことがあります(-_-;)
何を頑張るかって…???

それは『ダイエット』です(;O;)
本気でダイエットを頑張らなければならないのです~\(◎o◎)/!

とりあえず次回5月くらい?の健康診断を目標に体重を戻します(T_T)/~~~
ウチの職場、年に2回も体重測定やら何やら(採血は年1回)をするんです。。。
(採血も嫌だけれど、体重測定も年に1回にして欲しい(=_=))

部屋もスッキリしたことですし、
節酒もしくは以前も試みた期間限定の禁酒、
そして春野菜料理で健康ダイエット生活を頑張ろうと思います!



大人と子供の違い?それとも指導方針の違い?

前回の記事を書いていて思ったのですが、
今の先生は、「~が出来るように練習してきてね。」などの次回までの練習課題は明示してくれますが、
そのための具体的な練習方法を指示することは稀なような気がします。
(もちろん、腕の使い方や打鍵の仕方などの技術は細かく説明してくれます)

ヒントは最小限に、極力自分で考えさせる方針なのでしょう。

自分で考えてもどうにもならなければ、一緒に考えてくれます。

ただ、その場合も先生がハッキリと答えを断言することは少ない気がします。
内容によっては、答えをハッキリと言葉で表現するのが難しい場合もあるでしょうし、自分で納得し答えを出すことが大切だからでしょう。

反対に子供の頃の先生には、練習方法から何から何まで、指定されることが多かったように思います。

たぶん、私にピアノに積極的に取り組む姿勢が全くみられなかったので、
私に練習方法や何やらを考えさせたら、一向に前に進まないと判断したからだと思われます。

バッハなども、私があまりにハチャメチャ演奏をしていたため?か、
色鉛筆で主題に印をつけてくれていたり、スラーや強弱記号も細かく指定され、先生の言う通りに弾いていました。
(レッスンの内容はほとんど覚えていないのですが、昔の楽譜を開いたら、様々な練習方法が記されていました。)

今の先生は、最初はとりあえず自力で譜読みさせ、間違っていたら修正してくれる方式です。
子供の頃のレッスンでは、私はいわゆる「指示待ち人間」だったので、先生が恐いなどの問題以前に、自分の意見と言うものがありませんでした。

「指示待ち人間」は、見方を変えればとても楽ですよね。

子供時代の、そんなレッスンスタイルに慣れていた私は、
ピアノレッスンってそんなものなのかと、無意識に思っていたのかもしれません。

今の先生のレッスンに最初は???で、
「先生は私にどうして欲しのだろう?」「何を考えているんだろう?」
と思ったこともありましたが、、、

最近はすっかり慣れ、全く違和感もありません(^^ゞ

自分でいろいろと考えて工夫したり、調べるのも大人となった今は楽しいですし。

子供でも、優秀な子・やる気のある子は自ら進んでいろいろと考えたり、疑問を持ったり、工夫して練習したりする訳で、そういった子には先生も考えさせる指導をするのだろと思います。

子供の頃の私は、とにかく自己主張の少ない大人しい子で、自分の意見というものもない子供だったので、
先生も「一から十まで教える指導」にならざるを得なかったのだと思います。

まぁそんな私も社会に揉まれ、今では「やや自己主張し過ぎ」なくらいへと変わってしまいましたが…
環境って恐ろしい^^;
(昔の大人しい自分もどうかと思うけれど、時々昔の自分に戻りたい…とも思う(ーー;))



発表会への意気込み!~まだ取り組んでもいないのですが…^^;~

私は、昔から夏休みの宿題は夏休みが終わってから始めるタイプで、

絵日記、家庭科、工作などなど、
家族総出で焦って終わらせていました。
(←甘やかされ過ぎ(^^ゞ)

兄→本棚を作る
母→クッションを縫う
家族皆が、「いんげん」やら「へちま」などの世話をして、私に成長段階を教えてくれる。それをもとに日記を作成^^;

さすがに、勉強関連の宿題は誰もやってくれないので、
期限ギリギリか居残りor遅れて提出する羽目になりましたが(-_-;)

ピアノもレッスン前日or当日しか練習しなかったし。

いったい毎日何をしていたのでしょう。

社会人になると、さすがにこの傾向もだいぶマシにはなりましたが、、、。

「とりあえずは体裁が整えば、それでいいや…」みたいな自分のゆる~い性格はなかなか直りませんね^^;

昔に比べれば、コツコツと物事に取り組むことも苦ではなくなったし、
逆算して計画的に物事を進められるようにもなりました。

例え、それが自分のやりたいことと違ったとしても、何かしら楽しみを見つけ、集中できるようにもなりました。

でも、何においても「きっちりと仕上げる」ということが出来ないのですね。

仕事の資料も、あれもしようこれもしよう…と最初はいろいろな事を思い巡らせていたのに、
最後の方になると結局「ある程度のレベルに達していて、期限内に提出できればもういいや。」
となってしまうし。

発表会の曲も、きっちりと仕上げたためしがない…と言うか。

まぁ、何を言いたいのかというと、
発表会などの人前で弾く曲は、もう少しきっちりと仕上げられるようになりたいのです。

達成基準はと言うと、
「演奏後に自分が力を出し切ったと思える」
といった、何ともあいまいな基準にはなってしまうのですが、

ミスした・しなかった、といった話ではなく、

「自分は頑張れた。今持てる力を出し切った。」
といった達成感のようなものを味わってみたいのです。

自分の演奏後に、達成感を感じられるか否かは、
当日、どのような演奏をしたかではなくて、
それまで、自分がどんな風に練習してきたか…だと思うんです。

プロはそれでは許されないのかもしれないけれど、
私のようなレベルのアマチュアであれば、まずはそこを目標にしても良いのかと思います。

演奏後に、
「自分の努力や練習への忍耐力が足りなかった」と後悔するのではなく、
「終わった~。今回は、頑張ったな~♪」
と清々しい気持ちとなれるように、

今年の発表会に向けては、そんな「達成感を得られるような練習をする。」
ことを目標に頑張りたいと思います。



大人にしか出来ない演奏をしようよ!

世界もビックリな最先端の技術を追求する羽生選手。

大人の色気たっぷり!思わずその世界に弾き込まれてしまう、そんな自然と人を魅了する演技を魅せる高橋選手。

どちらもステキ♪

競技会で点数が上に出るのは羽入選手。
でも、今回のオリンピックで私の心を魅了したのは高橋選手でした。

実は私、数年前の、まだ十代で、チャラチャラとした高橋選手の性格&演技を嫌っておりました。
コメントも、何だか俺様的で、何が言いたいんだか分からなくて、
「日本代表なんだから、もっとしっかりしてよ~!」
っと憤慨しておりました。

でも大けがを経て、高橋選手は変わりました。
気がつけば、驚くほど大人の発言をするようになり、
演技も大人の色気を身に着けていました。

このたった少しの間での、高橋選手のこの変わりよう。。。
その間に、どれだけの絶望を味わい、どれだけの忍耐を要求され、どれだけの辛酸を嘗めてきたのか…

だからでしょうか。高橋選手の演技に深みと感動を覚えるのは…
もちろん、スケーティングが抜群にキレイなのもあるのだけれど、
それだけではない、上手く言葉では表現しきれない感動があるのです。

羽生君の若さ溢れる最先端の技術もすばらしいのだけれど、
それだけではない、心の奥底を震わせる感動が高橋選手にはある。


技術は若い者に任せておけばよいのさ。
私たちは大人の、大人ならではの音色・表現を目指そうぜ(^o^)/

っとある方のピアノブログに書いてありました。

そうだよな。
子供にしか出来ないことは確かにある。
そして、私たちは時にそんな子供たちを羨ましく思い、自分も同じようになりたいと思う。

でも、それよりも、大人にしか出来ないことを追い求めた方が、ずっと楽しいし有意義な音楽ライフになるのではないだろうか。

技術や超絶技巧は若者がやればいい、
私たちは、そこじゃない大人ならではの感動を目指そうよ!
…って、、、。

でも私、いい歳してまだ精神的に、そこまで大人になりきれていないんだよなぁ~(ーー;)
だから、人のことを羨んでばかりなのだ~



         
プロフィール

ぱるトロワ♪

Author:ぱるトロワ♪
ご訪問ありがとうございます。
2012年9月より、14年ぶりにピアノを再開しました。
レッスンや練習の記録、日々の出来事などを想いのまま綴っています。
現在は、自宅の電子ピアノを中心にたまに実家のアップライトを使用しつつ練習しています。
いつかグランドを手にする日を夢見て、「毎日練習」を目標に頑張っています。
よろしくお願い致します。

ブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

PVアクセス

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お越しいただき、ありがとうございます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。