スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丹波栗のタルト(^^♪美味し~

先週末、
皆様のご厚意に甘え、定期的に参加させていただいている
「キルフェボンの会」
に行ってきました。

美味しいワインとお料理・キルフェボンのケーキを楽しむ会です♪

主催者の方はいつも高級ワインを数本用意してくださるのですが、
「これはワイン会じゃなくて、キルフェボンの会だから!主役はキルフェボンだからね!」
とおっしゃいます^^;

どちらも、私のお給料では到底手に入らないのだけれどね。

私は学生時代からキルフェボンのケーキの大ファン♪
しかし、1ピースでも、なかなかのお値段で(-"-)
そうは食べられません(T_T)

そして、
今月のタルトは~♪
私が毎年楽しみにしている~♪

『丹波栗のタルト~♪♪♪』

待ってましたぁ~ヽ(^o^)丿
年に一度の再会♪

丹波栗タルト
(お店が暗くて、あまりキレイに撮れませんでした^^;)

あ~、幸せ♪
美味しくいただきました

もちろんワインも…、ルロワのヴォーヌロマネ、シャトームートンロートシルト、シャトーローゼンセグラ
…その他多数(とりあえず、記念に銘柄と年代をメモって来ました^^;)
私には、もったいなさ過ぎるワインばかりと思われます。←よく分かっていません(^^ゞ

とにかく、素晴らしく美味しかった…。のひと言です。。。←こんな感想でスミマセン。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

間違えなければ良い…から脱出したいな

ピアノを再開して1年が過ぎたことですし、
もう少し楽譜が読めるようになりたいな、
と最近思います。

私が今持っている読譜力は、子供の頃に養われたもので
もともと適当だった楽典の知識は、さらに記憶が薄れ、ほぼ忘れてしまっています^^;

でも子供の頃の記憶って理屈ではないのでしょうね。
何となく、身体が覚えているのです。

だから何とな~く楽譜を読んで、何とな~くであれば弾けてしまいます。

でも、本当の意味で楽譜は読めていません。
ただ音符が読めるだけです。

なのでレッスンで先生に
「何か分からないことがある?」
と訊かれても、まず分からないことが分かりません。

先生は、「知識にこだわらず、自分の感覚・感性を大切にして欲しい。」
と言いますが、

やはり最低限の知識は必要ですよね。

先日購入した雑誌「CHOPIN」、今月は楽典について特集されていますね。

確かに簡潔明瞭にまとめられていますが、
簡潔過ぎて、私には分からない箇所がチラホラ。

もっと簡単な、超超超基礎レベルから解説してくれないと分かりません!
(これも基礎レベルなのだろうけれど、もっと・もっと、も~っと基礎です。)

自分の仕事の勉強もそうなのですが、
私は初めての分野を学ぶ時は、文字が大きい・文字が少ない、絵が多くて見易い本を買います。

欲張って、最初から何でもかんでも載っている上級者向けの本を買うと、挫折します。

もちろん、上記の超超超基礎レベルの本なんてあっと言う間に卒業してしまうわけですが、
そうしたら、またさらに少しレベルの高い本に手をだす…。

これを繰り返すと、同じような内容の本を何冊も購入することになるのですが、決して無駄にはなりません。

なので、私は同じような内容の、でもレベルは少しずつ違う、仕事本が何冊もあります。
使わなくなったら、仕事場の本棚に寄付すれば、後輩のためにもなりますね^^

楽典も少しずつ、超超超基礎の、易しく分かり易い言葉で書かれている本から始めようと思います。

今度のお休みに探しに行こう(^o^)/


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

すったもんだの一日(T_T)

昨日は仕事が午前中までだったので、

屋久島に一緒に旅行する友人と、トレッキング用品を買いに行きました。

トレッキング初心者の私たち。

目的は靴だったのだけど、ハーフパンツや靴下、レッグウォーマー等々
山ガールのファッションがめちゃくちゃ可愛い♪
見てると欲しくなりますね^^;

登山をするわけではないので、そこまでの重装備はいらないのですが、
せっかくの機会だからと、しっかりとした登山用の靴と靴下を購入しました。

来年は初心者向けの登山でもしようかね~?
などと友人と盛り上がり、食事をし、ほろ酔いで電車に乗ったわけですが…

降車時、ICカードの残高が少ないのを思い出し、チャージをしようと鞄をガサゴソ…、
あ、あれ(・・?
あれれ?財布がな~い\(◎o◎)/!

混乱した頭で友人に電話。

「どうしよう(>_<)私、最後に財布出したのいつだっけ?」

友人と話していると、どうやら飲食したお店以降、私は財布を出していないらしい。
満員電車で、お酒も入ってウトウトとしていたし(立ちながら寝てた^^;)
スリにあっていないかが心配でしたが、お店に電話すると、どうやら私の物らしい財布を保管していると。

もう自宅の最寄まで帰って来ていたのだけれど、慌てて買い物をした駅まで戻りました。

しかし私のICカードには、あと280円しか入っていない…
これが今の私の全財産^^;

幸い改札からは出ていなかったので電車には乗れましたが、買い物した駅の改札を出るにはお金が足りません。

駅員さんに事情を説明すると。
「事情が事情ですから、しょうがありませんね。」と無料で通してくれました。
そう言えば、前に私がICカードを紛失した時も、追加料金も取らずに改札を通してくれたな。

嘘はついていないって、駅員さんも分かってくれるのですね。

無事財布も手元に戻り。ひと安心(;_;)

バスの走っている時間に…、と早めに帰宅したのに
結局、家にたどり着いたのは深夜0時頃、、、

あぁ、疲れた(>_<)
でも完璧に、自業自得だわ~。

以前にICカードを紛失してからは、ICカードは必ず鞄に括り付けるようにしているのですが、
財布も、鎖で鞄に括り付けるか…(笑)


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

ミネラルウォーターによるご飯の炊き上がりの違い

ミネラルウォーターで毎回ご飯を炊くのって、もったいない気もするのですが、

やっぱり水道水では炊きたくない(浄水器をつければ別ですが…)。

私はひとり暮らしなので、毎日ご飯を炊くわけではないし、
まぁいいかと思い、経費は気にしないことにしてます^^;

今流行の、ウォーターサーバーもいいかな?
と考えましたが、電気代もろもろ考えると、ひとり暮らしには贅沢かなと。

ご飯を炊くのは軟水が適している…、というのは有名な話ですね。
スーパーで売っている安価のミネラルウォーターは、だいたいが軟水なので、あまり硬度を気にして購入たことはありませんでした。

しかし最近、ご飯の炊きあがりが今一つな日があり、
気になって成分表示を比べてみました。

(私はお米大好き人間で、炊飯器はしっかりとしたものを購入しています。)

今手元にあるのは、
硬度が
約30mg/L、
約59mg/L、
約74mg/L、
の3種類の水です。

大きく分類すれば、どれも軟水(硬度74mg/Lの水のみWHOの分類では中鉱水に入ります)。
ご飯を炊くには問題ないはずです。

でもこのわずかな違いも、実際に炊けたご飯を食してみると味に影響するのですね。

最近、いろいろな水をランダムに使用してご飯を炊いていたため、この味の違いに気が付きました。

やはり、ごはんが一番ふわっと美味しく炊き上がるのは、
硬度が約30mg/Lの水です。

硬度74mg/Lの水は、ミネラルは一番多いのですが、ご飯の炊き上がりはいまひとつです。
飲水用としてもわずかに口の中に苦みが残ります。

同じ軟水で、たったこれだけの硬度の差なのに、異なるものですね。

美味しいお米で美味しく炊き上げたご飯は冷えても味が落ちませんよね。
やはり、お水にはこだわりたいものです!

さぁ、美味しいご飯を食べて今日も元気に働こう!(^^)!


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

   

やっと郵便局に行ける^^;

「月間ショパン」はコンビニ支払が出来たので、すぐに送られてきたのですが、
仕事関係の雑誌は、出版社から直接郵送してもらうので、郵便振込。

でも郵便局ってなかなか行けないものですね(=_=)

代引きにすれば一番楽なのだけれど、手数料がかかるしなぁ。
カードは怖いし。。。

今まで手数料も気にせず、代引きにしていたのですが、
こういった少しの積み重ねが節約の敵だとも思い直しまして^^;
一応、最近の目標は節約なので…
(たいして、頑張っていないけど^^;)

今日は、日中外に出られそう♪
さぁ、郵便局に行って支払を済ませてしまおう!

雑誌、早く読みた~い。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

アンパンマンのマーチに癒される

最近、すっかり秋らしく涼しくなり、
窓を開け、外の風を感じながら涼むことも多くなってきましたね。

私の家のすぐ近くには保育園があって、
休みの日に窓を開けていると、子供の笑い声や泣く声…、様々な声が飛び込んで来ます。

先日流れてきたのは、
「アンパンマンのマーチ」

私は、アンパンマン世代ではないのだけれど、アンパンマンは、ロングセラーのよく耳に馴染んだ音楽ですね。

幼児向けの曲なのだけれど、耳を傾けていると大人の私も心が和みます。

「忘れないで夢を 零さないで涙 だから君は飛ぶんだ何処までも
そうだ! 恐れないで みんなのために 愛と勇気だけが友達さ」

この部分の、半音ずつ上がっていくメロディーと歌詞が好き。

最初、アンパンマンの曲だということをスッカリ忘れていて、
一瞬「何だ?この癒される曲?」と考えてしまいました(笑)

私、疲れているのかなぁ^^;

子供の曲も、あなどれない、ステキな曲が多いですよね^^





にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

コミュニケーション能力を鍛える

私は、コミュニケーションが得意な方ではなく、今までも散々苦しんできた。

5~6年程前、初めてコーチングの講習を受けた。
それから、コーチングの本を何冊か読み漁った。

コーチングで学んだことを取り入れようと試みるも、
そうそう上手く事は運ばない。

そんな中、私の職場で新い制度が取り入れられた。

今まで、私の職場は、自分の担当した仕事は自分が責任を持って、自分のやり方で遂行するやり方だった。
もちろん、上司に報・連・相はするが、あくまでも遂行するのは自分だった。

ところが、今まで1人で2~3個の仕事をしていたものを、2人で4~6個の仕事を担当するように制度を変更することになった。

単純に人数で割れば、仕事量は今までと同じだ。

異なるのは、個人プレーは許されない、ということ。

担当の業務を2人で別々に分担し、別々に行動することは許されない。
あくまでも2人一緒に、
相談し業務を進め、情報はすべて共有しなければならない。

「あの人がやったことだから私は知りません」
は許されないのだ。

そして、ペアを組んだ2人は対等でなければならない…。
対等と言っても、年齢も経験年数も違う2人。
ハッキリ言って、上下関係を無くし、対等に議論するのは難しい。

しかしそれを行わなければ、この制度は成り立たない。
お互いが議論し合ってより良い方法を見出す…、というのがこの制度の主旨だ。

ペアは業務や仕事内容により、その時々で相手は変わるが、時にはペアと意見が対立する。

それが先輩だと自分の意見を押し殺し、先輩に従う。
後輩だと、つい声音を強めて自分の意見を押し付けてしまったりする。

でも、仕事って白黒つかないことも多く、何が正しくて何が間違っているなんて事は無いことも多い。
後輩より先輩が優れているなんていうこともない。

誰もが、自分の考えが最良と思って、それが会社のため、世のため人のためになると思って仕事をしているのだ。

今までは、自分の信じるやり方で、それが一番正しいと信じて、仕事を進めてきた。
でも、人によって信じるものは違う。

たどり着く答えは一緒でも、そこにたどり着くまでの方法・手段は様々だ。

コミュニケーション下手な私は、なかなか相手と議論も出来ない。
言葉が足りないばかりに言いたいことが伝わらなかったり、誤解されたり…。

また、お互いが顔色を窺いながら言葉を探り合っていることも多い。

これって、良くないですよね。
これじゃあ、良い仕事ができるわけがない。

でも、どうしたらいいの?

このストレスを上司に相談すると、
上司は、「あなただけでなく、ここの人たちは皆コミュニケーション能力に乏しい。だからこそ、それを身に着けるべく努力が必要だ。だからこそ、この制度が必要なんだ。」と言っていました。

未だに、私はこの制度がストレスだし不満だけれど、自分のコミュニケーション能力が不足していることも、よく実感した。

相手の意見を良く聴き、議論し、取り入れる。
無理やりではない、納得した上で取り入れるのだ。

上記は一般社会では当たり前のことなのでしょう。
私の職場は、どちらかと言うと専門的で閉鎖された空間だ。
その閉鎖的な現場を打破しなくてはならないのでしょう。

悩みは尽きないけれど、
頑張らないといけませんね!(^^)!


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

子供時代の悲しいトラウマ

職場の同僚で、
「〇〇さん、ピアノ習っているんですか?実は私も昔習っていて、全然弾けないうちに辞めてしまったんですけど、もう一度習いたいと思ってるんです。」

という方がいました。

私の職場は、勤務時間や休日が不規則なので、ある程度時間に融通の利く先生でないと継続して通うのはむずかしいです。

なのでその方にも、私がどのようにして教室を探したか、練習はどうしているか、レッスン時間をどのように調整しているかをお話ししました。

そのまま月日は流れ、
先日珍しく、お昼休みにその方とご一緒する機会がありました。

「〇〇さん、まだピアノ継続していますか?」
とその方。
「今、どんな曲を弾いているんですか?ソナチネとかソナタとかですか?」
「発表会はないんですか?」
等々、変わらずピアノに興味深々な様子。

「してる、してる♪楽しいですよ(^^)」
と私。

2人きりではなかったので、ピアノの話はそれで切り上げたのですが、

食事も終わり、のんびり雑談していると
その方が急にひと言…
「私が、昔ピアノを辞めた理由は、自分の才能のなさを思い知ったからなんです。」
と言いました。

「どういうこと?」と私が訊くと。

「ある時、見てしまったんですよ。先生の自分と他の子との扱いの違いを。私には、先生はすぐに怒るし厳しかった。」

「それは先生があなたに期待していたから、あえて厳く接していたのではないの?」と私は言いました。

「いいえ、あれは違いました!確かに練習しない自分もいけなかったのかもしれない。でも根本的な態度が違うんです。先生のやる気というか、モチベーションというか…、
ショックで…、それをみたら急にやる気が無くなってピアノを辞めたんです。」
と…。

その方のお話しする表情はとても悲しげで、その出来事をとても引きずっていて傷ついている様子が窺えました。

そういえば、以前ピアノの話をした時も
「練習していかないと、先生に叱られたりしませんか?ピアノって先生が怖いイメージが強くて。」
と言っていました。

その時私は、「え~、先生優しいよ(^^)もう大人だし叱られたりはしないよ。」と軽い気持ちで答えましたが…。


その方の昔の先生がどのような性格で、昔何があったのか、その方が何を見て何を感じ取ったのか…
真相はわかりませんが。

その方が深く深く、大人になった今も傷ついていて、
ピアノを習おうにも、一歩が踏み出せない、躊躇している様子が伝わりました。

ピアノは大好きみたいなのに。
残念で仕方ありません。

でも、なんて言葉を掛けたら良いのか分からなかった。
いつか、一緒に楽しくピアノの話が出来るといいな…。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

ピアノでリラックス♪お腹も快調!

昨日、早寝し過ぎたか…、朝4時に目が覚めてしまった私。

これが仕事の日だったら、絶対に二度寝するのだけれど、
今日はお休み♪

まだ外は薄暗いけれどピアノでも弾くかな~^^♪

今回レッスン回数の調整で、次回のレッスンまで2週間ちょっと間が空く。
課題に追われる焦りもなく、
こういう時が、一番リラックスしてピアノが弾けるのよね。

演奏会は迫っているけれど…(^^ゞ

いつものように、ちょこっとツェルニーを弾いてバッハへ。
シンフォニア2番、だいぶ弾き慣れてきたし、指も音を覚えてきた。
リラックスしながら音に耳を傾けて気持ちよ~く弾いていると、

お腹がゴロゴロ、キュルキュル^^;
〇意を感じトイレへ~。

あ~、スッキリ!お腹快調♪

私、どちらかと言うと〇秘なのですが、
今日はリラックスしながらのピアノを弾いていたので、副交感神経が刺激されたかな?

朝練も悪くないですね(笑)

よく考えると私って、いつもアドレナリンをバンバン放出し、必死でピアノ弾いていることの方が多い気がする^^;

良くないなぁ。
やっぱりピアノはリラックスして弾きたいですよね。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

ネットでポチッとお買いもの^^

今月の、月間ショパンの見出しをみて
何だか面白そう^^
と思い、初めて音楽系の雑誌を買ってみることにしました。

たまたま仕事関係で欲しい雑誌があったので
それに便乗してポチッ♪

合わせて、2万円程^^;
仕事関係の雑誌はマイナーなのもあって、とにかく1冊1冊が高い(>_<)
何でこんなに高いの?
執筆者はいったい、いくら報酬を貰っているのか。

なんて思いつつも、思い切ってバックナンバーを含めて4冊購入。
月間ショパンも2冊購入。

ネットだとバックナンバーもすぐに手に入って、
はい、ポチッ~ってな感じですが、、、
支払う金額はなかなかのものですね(^^ゞ

仕事の雑誌も、ピアノの雑誌も
早く届かないかなぁ。
楽しみ~♪

しっかりと勉強するよ(^o^)/


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

93歳趣味のピアノ♪

今日、お仕事でお話した老夫婦。

ご主人93歳 奥様83歳。

ご主人は93歳だけあって歳相応の理解力の低下や物忘れは見受けられますが、いつもニコニコと笑顔で、とても明るく朗らかな雰囲気の方。

奥様は、昔三味線の師匠をされていたとのことで、83歳とは思えないしっかりもの。
ご主人のことを心配して、あれやこれやと指示されています。

とても心和むご夫婦でした。

雑談から日常生活のことに話が及んだ際に、ご主人がひと言。。。

ご主人「僕、ピアノを習っているんです。」

私「ふぅ~ん、…。…。…???…エェ~ッ!!!」

思わず、訊き返してしまいました(笑)

私「ご主人がですかぁ(?_?)」←失礼な返しですね(^^ゞ

ご主人「そうだよ。6年前から始めたの。88歳から。」

私「エェ~ッ、、、エェ~ッ\(◎o◎)/!」

こんなことを言っては、とても失礼なのですが・・・、
とてもすっ呆けたご主人なんです。心配でご自宅について行きたくなっちゃうくらい^^;

でも、ピアノのことを話す時の表情はとても輝いていて楽しそう♪

うわぁ、これがプライベートだったら絶対にこの話題に喰いつくのに!
でも残念ながら今は仕事中。

もっとお話したかったぁ(>_<)

最後、お帰りの際に私が、
「ピアノ、頑張ってくださいね^^」
と声を掛けると、

ご主人は
「絶対に上手くなるよ~(^^)v」
と…キラキラとした笑顔で答えてくれました。

93歳、カッコいいね!


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

趣味があるって良いことですね

趣味を持っている人は、自己肯定感を持ち易いのだそうですね。

「自分のありのままに価値がある」

と思えるから、流行に左右されないのだそう。
自己肯定感の低い人は、周囲と同じにしていないと安心できないのですね。

う~ん、確かに。
私もピアノを再開してから無駄使いが減ったかも(^^ゞ

今までも趣味が全くなかったとは言わないけれど、のめり込めるような趣味ではなかった。

ショッピングに行っては流行の服が気になったし、
ブランド物の鞄も欲しかった。
高級チョコレート・高級ワイン、、、
それも楽しいけれど、今は違うかな。

そういうのも、たまには良いけれどね。

皆と同じでなくてはいけない…
なんてことはない、自分は自分です。
ありのままの自分で良いのです。

趣味がある…
というのは幸せなことですね^^

のんびりと、ピアノを楽しみましょう。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

言われるうちが華

就職したばかりの頃、先輩に叱られ泣いている私に、周囲の人達はこう言いました。

「言われるうちが華だよ。」

注意してもらえる、叱ってもらえることをありがたく思いなさい。
何にも言われなくなったら終わりだよ。

今を感謝し、謙虚に生きなさい…と。

この年齢になって、
仕事で叱られることは、ほとんどなくなりました。

でも、叱られない怖さも知りました。

至らない点・不足している点、努力しなければならない点、
自分で見つけて、自ら努力しなければならない。

周囲が何も言わないのをいいことに怠けていれば、
あきらめられるだけです。

大人の世界の厳しいところですね。

やってあたりまえのことは、誰も指摘してくれません。

ピアノも一緒かな…、
と最近思います。

大人です。
先生も細々と練習方法を指示してはくれません。
強制もしません。

根気の必要な練習を陰でこなし、
その成果を先生に演奏の中から感じ取っていただく。

今の、練習方法が上手くいかないのであれば、自分から行動する。
調べるとか、先生に質問するだとか…。

どんな仕事でもそうですね。
自分は、これだけ勉強した。これだけ努力した…。ではダメ。
努力だけしていても、成果が上がらないのでは認めてもらえない。

その努力の成果を仕事の中でどう活かし、どう周囲に感じ取ってもらうかですよね。

ピアノのレッスンと自分の仕事。

全く、共通するものはないのだけれど
共通点を感じた、先日のレッスンでした。

でもね一見、苦行に思えるこの努力も、それが実った時の喜びといったら、
それはそれは嬉しいものです。

だから、その一瞬の喜びを味わうために、何年もの苦行に人は耐えるのですね。

そして、人は夢中になると苦行を苦行と思わない。
だから、頑張れるのだと思います。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

ハンガリーいろいろ

台風の風スゴイ~(>_<)
早速、傘が1本壊れてしまいました。。。
風が強すぎて、あきらめて傘は差さずに歩いていたのですが、それにも関わらず壊れました(;_;)

さて、先日ブログで私がハンガリー料理店でアルバイトをしていた話を書きましたが、

そこでハンガリー料理を知り、ハンガリーワインを知り、ハンガリーのジプシー音楽を知り、、、
ハンガリーという国が大好きになりました。

・ランゴッシュ(ハンガリー風揚げパン、サワークリームなどと一緒に食べます)
・グヤーシュ(牛肉とパプリカ、たくさんの野菜を煮込んだスープ)
・チキンパプリカ(チキンのパプリカソース煮込み)
・フォアグラ料理(ハンガリー産フォアグラは有名ですよね)
・ハンガリー風ロールキャベツ(パプリカとサワークリームを使用したソースとザワークラウトをロールキャベツに添えて食べるのですが、日本のロールキャベツとはまた違い、とても美味しいです。)

私は、特にチェリースープ(チェリーのコンポートとサワークリームを使用して作った甘くて冷たいスープです)
が大好きでした。

ハンガリー料理、また食べたいな(*^_^*)

そして、私がワインにはまるきっかけとなったのも、ハンガリーでした。

ハンガリーは、貴腐ワインが有名ですよね。
でも、貴腐ワインの他にも美味しいワインはたくさんありますよ~(^o^)/
フルミント(白)、ハンガリーの土着品種で貴腐ワインにはかかせないブドウを使用した白ワインです。
 
エグリビカヴェール(雄牛の血と呼ばれる、ハンガリーの有名な赤ワインです。)

アルバイトしていた頃は、これが美味しい…という特定のワインもあったのですが、
詳しい銘柄は忘れてしまった^^;

ハンガリーワインを導入に(ワインの導入としてはかなりレアだと思います^^;)
ワインの美味しさに目覚め、フランス・カルフォルニア・イタリアとその後多くの貴重なワインに出会うことができました!(^^)!

そうそう、ハンガリーには「パーリンカ」というイタリアのグラッパのようなお味の蒸留酒や「ウニクム」という養命酒のようなお酒もあって、これもとても美味しかったですよ~^^

そして、ハンガリーにはかかせない民族音楽。
良くは知らないのですが、ロマ音階?といったものに基づいて書かれているジプシー音楽なのですね。

アルバイト先のお店では、常にハンガリーの民族音楽が流れていて、
その時に初めて「チャルダッシュ」を聴いて、この曲が大好きになりました♪

いつかハンガリーを旅行してみたい。

こんなにも素晴らしいハンガリーという国、
日本でも、もっと有名になっても良いと思うのにな~。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 
にほんブログ村 

ピアノの先生って男前でしょ?

音楽って、実は体育会系でしょ?

声楽も吹奏楽も、筋トレは付き物だし、

ピアノの先生も、絶対に体育会系。

私が指導していただいている先生も、(見た目は)とても美人で女性らしいのに、、、
性格は男前だ(失礼なことを申してすみません^^;)
…と思う。

でもね女性って、男前な女性が好きなんだ~(^O^)/

私の職場でも、男前な先輩は人気があるものね!
姉さん、どこまでもついていきます(^^)v
みたいな(笑)


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

発表会・演奏会の価値は大きい

私は、発表会や演奏会の参加費を全くもったいないとは思わない。

少々お高くても、それを上回る価値のあるのが発表会だと思う。

たとえ上手く弾けなくても・無様な演奏をし後悔したとしても・自分の演奏に悔しくて涙したとしても、
その辛い気持ちを上回るくらい、得るものも多い。

そんな私に周囲の人(主に音楽をやっていない友人)は、
「よくやるね。」
「恥ずかしくないの?」
「何が、楽しいの?」
と、不思議そうに言う。

何故、周囲の人達は、
私を見て、「何でそんなに頑張るの?」
と言うのだろうか。

私は、楽しくピアノを弾いているつもりなのだけれど、周囲はそう感じないのか。。。

私は自分のためにピアノを弾いている。
発表会や演奏会に出るのも自分が上達したいから。

でも、その気持ちが自分の演奏を追い詰めているのかもしれない。
ピアノを楽しくないものにしてしまっているのかもしれない。

先生は、
私の演奏は「いつも自分と戦っている演奏」だと言う。

そうなのかも。。。

さらに先生は、
「もっとこう弾きたい・こうしなければ…だけではなく、自分の音に集中して、もっと音を楽しんで弾いて欲しいと。」

最近、先生のこの言葉を繰り返し考える。

「音を楽しむ…」か…。

私が本当に自分のピアノの音を楽しんで弾いていれば、
それは周囲に伝わるだろう。

そうすれば、私の演奏を聴いた周囲の感想も違ってくるだろう。

私だって、やっぱり音を楽しみながら弾いている人の演奏が好きだもの。

「音が苦」じゃなくて「音楽」だものね。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

隣の芝生は青く見えるのよね

20代後半頃、自分の仕事がとても退屈に思えて、毎日悶々としていた時期があった。

仕事はお金を稼ぐため、生活していくためのものだと割り切れば良いのかもしれないけれど、
それじゃあ、やっぱり悲し過ぎる。

私の周囲にはけっこう自由人が多く、サクッと仕事を辞めて海外に行ってしまったり、様々なアルバイトを転々としつつ自分の時間を楽しんでいたり…、

何だか羨ましいな…と思いつつも、、、
私は、今の仕事を捨てる勇気もなく…

そこで思いついたのがアルバイト。

その当時の私の周囲には、正社員にも関わらず、こっそりとアルバイトをしている人が何人かいた。
会社にバレたら、何か罰則とかあるのかな~?
と思いつつも、まぁ、注意されたらその時に考えればいいや。
と私の適当~な性格がニョキッと顔を出し。

休みの日にアルバイトをすることにした。

最初は続くか分からなかったので、とりあえず日雇い派遣のような単発のお仕事を。。。

休日のアルバイトが体力的に可能だと分かると、

やはりひとつの場所に腰を据えたくなり、

・ハンガリー料理店のサービス係
・介護・福祉系

と今まで経験したことのない職種を合わせて4~5年ばかり経験した。

学生時代にアルバイトをしたときは、ただただ遊ぶお金が欲しかっただけで、何も考えていなかったけれど、
社会人を数年経てアルバイトをしてみると、

お客様もしくは利用者様に、いかに満足していただくか
他の職種のプロフェッショナルな部分を垣間見ることができた。

また、今まで自分の周囲にはいなかった分野の方と知り合い、飲みに行ったり・お話ししたり、
とても良い刺激を受けることが出来た。

私も、もっとプロフェッショナルになれるように、今の仕事を頑張ろう!
とやる気が湧いてきました。

今は、休みの日は休みたくなったのと(休日のアルバイトは、やはり体力的にキツイ^^;)
去年、職場を変えたりで体力的・精神的にも余裕がないので、アルバイトは無理。
もう出来ないな^^;

それに
趣味のピアノに夢中なので(^o^)/
休日はピアノを弾くぞ♪♪♪

あ!そうそう、仕事の勉強もしないとね^^←プロフェッショナルになるんじゃなかったのか~い(-_-;)

アルバイト生活を辞めた翌年は、納税がキツかったよ~(^^ゞ


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 
にほんブログ村 

聴いていて楽しい曲、弾いていて楽しい曲

クラッシクの名曲で、
いつかは弾きたい、弾けるようになりたい…
と思っていたのに

いざ、弾いてみると…
何故だか、夢中になれない(・・;)

練習に熱が入らない。
といった事、ありませんか?

ないかな…^^;

私は、クラシックの知識は一般常識程度しか持ち合わせていません。
学校の音楽で習う知識+α、てな感じです(^^ゞ

去年ピアノを再開。
ブログを開始。

皆様のブログを拝見させていただく中で得た知識は多く、
ブログのおかげで知った曲・好きになった曲、いつか弾いてみたいと思った曲が数多くあります。

私のピアノの世界がこうして広がったのもブログのおかげ
ブログを始めてよかったな…
と実感しています!(^^)!

そんな、浅~い知識しかない私。
まだまだ知らない曲や作曲家だらけです。

好きな曲・憧れの曲のはずなのに、弾いてみたらあまり夢中になれなかったり、
逆に、興味がない曲…、実は今まであまり好きではなかった曲のはずなのに、
弾いてみたらものすごく楽しかったり、、、

自分のことなのに、何だか自分の好みがよく分からない^^;

食べ物もそうだけれど、子供の頃には美味しくない…と感じたものが、
大人になって食べてみたら大好物に…なんてことも、
ありますよね。

食わず嫌いはせずに、いろいろな曲を試してみることが大切だと思いますし、
全く知らない曲にもどんどん挑戦していきたいな…、
と思うこの頃です。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

2小節弾くのに2年かかった…って(・・;)

実家に帰りピアノを練習していると、たま~に母が
「あんたも、このくらいすぐに弾けるんでしょ。」

と童謡などをリクエストしてくることがある。
もちろん楽譜はない。

私が「耳コピや伴奏を即興でつける訓練はしていないし、楽譜がないと、いきなりは弾けないよ。」
と言うと。

「そうなの?誰でも出来るのかと思ってた。メロディーに簡単な伴奏でいいのに。」
…、と母。

また、今年7月の発表会前
発表会直前にもかかわらず、私の弾く曲に厳しい意見や感想ばかり。

もちろん、厳しい意見を言ってくれる人なんて、身内以外にはなかなかいないわけで、貴重な意見なのだけれど、
たまに腹が立つ時もある。

特に発表会直前なんて自分も内心焦っているわけで…

ついつい、
「お母さんは、ピアノが簡単に弾けるようになると思ってるでしょ。簡単には弾けないの。ここまで弾けるようになるだけでも、私がどれだけ努力したか分かる?」
と言ってしまいました(=_=)

まあ、実家にたびたび帰っては騒音を響かせているわけで、母にこんな文句を言えた筋合いはないですし、

私の努力の過程になんて、誰も興味はないわけで。。。
もちろん、母に頑張ってるアピールをしても仕方がなく。。。

人前で演奏するその1回限りにおいては、当日その一発の結果がすべて(>_<)

すると母が、、、
「そうよね。ピアノが弾けるようになるって、本当に大変なことみたいね。」と…。

「この間会った方、けっこう年配の方なのだけれど、自分の好きな曲を弾けるようになりたい…ってピアノを始めたんですって。でも、その曲をたった2小節弾けるのに2年もかかったらしいの。」

「2小節に2年て、驚いたわ。」

エッ…。2小節って…、2小節~???!!!
たった2小節に2年。。。
私もビックリだわ。
もちろん、その曲だけをレッスンしていた訳ではないと思いますが、

その努力と忍耐・根性に感服です


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

新曲の譜読みをすると手が痛くなる…

最近、と~っても気になること。

新しい曲の譜読みをすると
何故か、手のどこかしら…、もしくは腕のどこかしらかが痛くなる。

最近だと、
シンフォニア4番の譜読みでは右手の第4・5指が、
今週、譜読みを始めたショパン・ワルツ3番では右手の甲が痛い。

シンフォニアの時は、ピアノを弾いている時には何ともなかった。
しかし練習後、日常動作で右手を外側に捻ったら、ピキーッっと鋭い痛みが走った。

何か、手に良くない弾き方をしたんだな。
と思ったけれど、結局何が原因なのかも分からないし、そのまま放置して練習を続けた。

そうしたら、譜読みを始めて3~4日で手の痛みがすっかり無くなった。

特に何か弾き方を変えたわけでもないし…、何で(?_?)
と思いつつ、まぁ痛くなくなったからいいや。と思っていたのだけれど、、、

今週、ショパンのワルツを譜読みしたら、今度は前回と全然違う部分が痛む。

何故、譜読みをすると手が痛くなる?
何で、弾き慣れてくると痛みが無くなる?

私が思いつく原因は、、、
やっぱり「力み過ぎ?」…かな^^;

楽譜を凝視しながら弾いている時の私って、絶対に前屈みになって(視力が良くないので^^;)、肩を上げて、
身体を硬直させながら弾いている気がする。

譜読みに夢中になっていると、
気が付いたら、時間があっと言う間に過ぎていたりしませんか?

弾き慣れてくると、だんだんと余裕が出て、力も抜けて、弾き方が自然と変わってくるのでしょうか。

そういえば先生も、
以前「譜読みの段階からもっと肩の力を抜いて練習するように意識した方が良いよ。」
と楽譜を凝視して、必死に弾いている私を見て言っていました。

譜読みの初期段階ってついつい必死になっちゃうから、意識して力を抜くって本当に難しい。
しかし、手が痛くなる…というのは、やはり良くないですよね。

気を付けないと。。。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

音符を考えた人ってすごいなぁ

最近、ふと思いました(笑)

音符って世界共通の記号で、
国が違っても、話す言葉が全然違っても、
み~んな、楽譜は同じ(細かい部分の記載は版によって言語が微妙に変わるかもですが。)

少なくとも「何これ、何が書いてあるかちんぷんかんぷん(?_?)」といったことにはならないし、
音楽って、言葉はいらない…みたいなところがありますよね。

それって、すごいことだよなぁ。

そして、それと同じことを感じたのが、
海外でスキューバダイビングをした時でした。

私は、たまにしか潜りに行かないため
ダイビングは万年初心者です^^;

誰かにしっかりと見守っていてもらわないと恐くて潜れません。

しかし、その海外のツアーでは
スタッフの方で日本人はたった一人。
いつも日本で潜るときにお世話になっているインストラクターさんですが、他のスタッフは英語しか話せない。

私は、学生時代に勉強を怠けすぎて英語は中学生レベル以下(-"-)

それなのに、その慣れ親しんだ日本人のインストラクターさんは私に、
「今日、僕は他のダイビングの講習が入っているから、〇〇ちゃんはあの人に担当してもらうからね~。」
と言い、

私の担当は、笑顔の素敵な20代のイケメン君(フィリピン人)に…。
もちろん彼も日本語は話せない。

初めての海外での潜水。。。
それも私にとっては底の見えない海に潜るのは初めて。
水深もかなり深いところまで行くし、、、

掴まる場所なんて、もちろんないし、だいたい海の生物に触っちゃいけないし(初心者のはこの海の生物に触れないっていうのもけっこう難しいのよ(^^ゞ)

もし急浮上しちゃったら(急な水圧の変化で肺が破裂します)…、
中性浮力(一定の場所でプカプカと浮きながら静止すること)が上手く取れる自信もないし…、

あぁ、不安過ぎる~\(◎o◎)/!

せっかく、こんなキレイな海に潜ることができるというのに、
不安いっぱいな気持ちでダイビング開始。。。

でも、良く考えたらここは海の中だった。
口には空気のボンベをくわえている。

もともと会話なんで出来ないんだったぁ(笑)

海に入っちゃえば会話はすべてジェスチャーや機械音のみ。

国が違っても、言語が違っても関係なかったのですね。

それが分かると急に安心し、無事に、どこまでも続く見渡す限りの深いブルーの海と生物達を楽しむことができました!(^^)!


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

アルプスの少女ハイジと某CM

私は昔からアルプスの少女ハイジが大好きで、

幼い頃から繰り返し文庫本を読んでは、飽きずに涙涙していました。
特に、ハイジがフランクフルトで夢遊病になるところでは毎回号泣(笑)

他にも「あしながおじさん」「小公女」「赤毛のアン」などなど ←こういったジャンルが大好き♪
私の中で、繰り返し読んだ名作はたくさんあるのだけれど、

やっぱり1番は「アルプスの少女」かなぁ。

昨日テレビの番組表を検索していたら、
なんとNHKでハイジが放映されているではないか!

それもあと5分後に始まる~

慌ててチャンネルを変えました。

もうお話は終盤で、クララとおばあさまがアルムの山に来て過ごしているところ。

そして昨日は、クララが木陰で本を読んでいると急に牛が近づいて来て、
それに驚いたクララが恐怖のあまり、初めて自分の足で立ち上がった…、という感動のお話。

立てたのは、ほんの一瞬だったのですが、
それをみたおばあさまは「奇跡が起こった!」と大喜び。
その話を聞いたハイジも駆け回って大喜び!!!

「わーい、わーい…。」と言いながらヨーゼフ(犬)に駆け寄り、
ヨーゼフにもたれ掛かりながら「クララが立った…。」と感動のあまりに涙をホロリと流すのです…。

あれ???
この場面…、某家庭教師のCMに使われている場面じゃないか。。。

ハイジ「クララ、勉強してる?」
クララ「全然してな~い。」

ハイジ「な~んだぁ、クララ勉強してないんだぁ。よかった~。」
と笑いながらヨーゼフに駆け寄り、

ハイジ「クララの嘘つき。絶対に勉強してる。」
と急に真顔になって、ホロリと涙を流す場面。

なんてことだぁ。
ここは感動の場面のはずなのに、ギャグにしか見えなくなってきたじゃないか~\(◎o◎)/!

でも、たまたまCMに使われた場面をみれて
「本当は、こういう場面だったのかぁ」
と知り、何だかお得な気分になりました(^^)

感動がお笑いになっちゃったけどね。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

健康に悪いものほど美味しい?

昨日の夜、朝マックの新商品のCMを観て無性に朝マックが食べたくなりました^^
今では年に1度、食べるか食べないかのハンバーガーですが、昔はマクドナルドが大好きでした。

私が乳児の頃に大きな病気をし、入退院を繰り返していたことは以前にも書きましたが、
そのためか、母は極力添加物を摂取させないように神経を使っていたそうです。

でも子供は駄菓子や清涼飲料水が好きですよね。

清涼飲料水も100%ジュースくらいしか飲んだことがなかったため、
兄は、たまたま友人宅でいただいたヤクルトをとてもめずらしそうに、美味しそうに飲んだそうです。
←母はその様子が恥ずかしかったと(笑)

私は私で、
通院していた病院から乗るバスの降車場所が、たまたまマクドナルドの目の前だったため、

私はマクドナルドの前に座り込み、頑として動かなかったそう(笑)

通院後で、痛い注射を我慢したご褒美の意味もあったようなのですが、
母の方が根負けして、毎回通院後の昼食はマクドナルドになりました。
たまたま父が私の通院に付き添った時、バスから降りると「お父さんこっちよ!」と言い、
当たり前のようにマクドナルドに入り、注文する3歳の私に驚いていたそうです(笑)

昔はバリューセットもなく単品注文で、私は毎回ハンバーガーとオレンジジュースしか食べなかったそう。

こんな感じで、徐々に添加物の多い食品の摂取も通常となりましたが、
駄菓子とコーラはなかなか許可してもらえませんでした。

唯一、学校の遠足の時だけ駄菓子解禁だったので、遠足のお菓子が楽しみでした。

コーラは母が「これは毒と同じだから、歯が溶けるから飲んじゃダメ。」
と言い、それを信じていたので、初めて飲んだのは中学生の時でした。

それほど美味しいとも思わなかったので、その後も滅多に飲みませんでしたが…。

大人になった今では、添加物の摂取など当たり前で何も気にしていませんが、
やはりコーラや駄菓子はあまり食べません。

特に食べたいと思わないからなのですが、小さいころからの習慣も関係しているのかもしれませんね。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 
にほんブログ村 

プロフィール

ぱるトロワ♪

Author:ぱるトロワ♪
ご訪問ありがとうございます。
2012年9月より、14年ぶりにピアノを再開しました。
レッスンや練習の記録、日々の出来事などを想いのまま綴っています。
現在は、自宅の電子ピアノを中心にたまに実家のアップライトを使用しつつ練習しています。
いつかグランドを手にする日を夢見て、「毎日練習」を目標に頑張っています。
よろしくお願い致します。

ブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

PVアクセス

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お越しいただき、ありがとうございます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。