スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校時代にもどって遊んだ~

高校の時の友人と先日ランチをしました。

お互いに、取り巻く環境は変わったけれど。

まぁ、会えばランチしながらおしゃべりして→駅周囲のショッピング街をぷらついて(これが以外と友達と一緒だと楽しいのだな)→カラオケを1時間(高校時代によく利用した激安だけど汚いお店)。→暗くなったし、さて帰るか(寒いしね)。

と、行動パターンは高校時代とさほど変わらない。

これがいいんですね。
カラオケではもちろん自分達が中~高生時代に流行った歌手や歌を唄う(笑)。

高校時代にタイムスリップした感じでかなり癒されました。
楽しかった~



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ ←ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 

スポンサーサイト

初めて自分で運指を考える

先日購入したドラクエの楽譜から、さっそくラダトーム城の練習をはじめましたが、この楽譜…、運指が全く書かれていないんですね。

そういえば私、自分で運指を考えたことがなかった。

今まで私が練習した曲は、分かりにくい箇所には必ず運指が書かれていたし、たまにポピュラー音楽の楽譜で運指が書かれていないものがあっても、そこまで複雑なものは弾いたことがないので、困ることもなかったのです。

ラダトーム城は、難しい曲というわけではないのですが、やはり2声のバッロク調の曲なので、運指をきちんと考えないと弾けないんですね。

さて片手練習から始めるか…、……。あれ?あれ?
弾けないじゃん。
となった私、今さらながら運指の大切さに気付きました。
これは勉強になるわ。

以外と譜読みに時間がかかりそうです…。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ ←ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 


ドラクエの楽譜が届いた♪

私が弾きたいドラクエの曲は古い曲ばかりなので、店頭では楽譜が見つからず…。

中身を見ないで買って弾けなかったらどうしよう…
とも思いましたが、結局ネットで購入しました。

「ドラゴンクエスト オフィシャル ベストアルバム」

さっそく、バロックの雰囲気たっぷりの「ラダトーム城」から練習しようと思います。

2声(一部3声)の曲ですね。
最近、インヴェンションの練習も頑張ってることですし、この曲が雰囲気たっぷりに弾けるよう、頑張りたいと思います。

もちろん、レッスンの曲も頑張るよ~


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ ←ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 

昔の常識は今の非常識。

社会人になり就職して10年~20年経ってくると、新人の頃に必死になって勉強した内容は既に古かったりして…、
「昔の常識は今の非常識…」
なんてことありますよね。


学生のころは、大人になれば勉強から解放されると勝手に思っていたけれど、
実際に大人になってみたら、学生時代と同等か、それ以上の学習が要求され…
それもどんどん頭の中を新しいプログラムに更新していく必要がある。


そのため自分で高いお金を支払って教材を購入したり、講習会やセミナーを吟味して参加したり…が必要になります。


私は音楽とは全く関係ない仕事をしていますが、様々なブログを拝見すると、どんな仕事も自己研鑽が必要…ということについては共通しているんだな。
と考えさせられます。


それは趣味においてもある程度いえることで、
私はピアノに関しては、「分からないことが分からない…」レベルなので、まだ自己研鑽…、という言葉もみあたらないレベルですが、

数年前、ワインのすばらしさを知り、「ワインをもっと知りたい。」と強く思った時期がありました。

ワインつながりで知り合った方々は、もちろんワインに関する仕事をされているわけではなく、皆さん多忙な日々の中、「ただワインが好き」という気持ちだけで、ワインについて学習し、膨大なワインの知識を持っていらっしゃいました。

どの国・どの地方・どの造り手で、はたまたその年はどんな年かまで、ワインを飲みながら全く嫌味なく、ただ楽しそうにお話しされるんですね。
そして値段がどうこうではなく、自分の好みがとてもはっきりとしている。

…ピアノだったら、このピアニストのこんな解釈が好き・こんな弾き方が好き、みたいな感じでしょうか。

そして「いつか、あなたたちが歳を重ねてきたら、今と同じことを若い子達にしてあげればいいから…。」
と、私を含め自分の給料ではとうてい手の届かないワインを、お店に通う若者達に…と何度か飲ませていただきました。

酔っぱらうためのお酒じゃない、楽しむお酒…
ワインの魅力のたくさん詰まった、ワイン大好きな皆さんのお話を聴くのが私はとても好きでした。
趣味もここまで極めると本当に楽しいんだろうな。
と思います。

ピアノもワインも、本当に楽しむためには努力・忍耐・学習(そしてお金もね)が必要なわけだ。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ ←ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 

まだまだブログ初心者で申し訳ありません

前回のブログ
二重投稿してしまいました。
読んでくださった方、混乱させてしまったら、申し訳ありません。

出来ていないことばかりでなく、出来るようになったこともたくさんある

最近ブログに、自分の出来ていないことばかり書いているな。
反省し、自分を振り返ることは大切ですがそれで気持ちが後ろ向きになっては意味がない。


ピアノが早く上達したくて、ついつい
「あれもこれもそれも出来ていない、分からない。」「頑張っているのに何で何で~。何で出来ないの~。」
となりがちな私。

これじゃあ、指導していただいている先生に申し訳ないですよね。
もちろん、レッスンに通うようになって出来るようになったこともたくさんあるし、その実感もあります。

指もよく動くようになってきたし
鍵盤への手の置き方、指の使い方、力の入れ方も以前よりは良くなってきていると思うし、
先生のアドバイスがその時は理解できなくても、試行錯誤する内にちょっと理解できたような感じがすることも増えてきた、
「何で出来ないのか。」「どうしたら出来るようになるのか。」じっくり考えるようになった、
譜読みも先生に依存するのではなく、もっと自分の力で考えよう…、といった気持ちも強くなった。

たった5カ月で上達したもしくは自分が変われた実感があるのなら、十分すばらしいことではないか。

ただ、出来ないことを箇条書きにするよりも出来るようになったことを箇条書きにする方がずっと難しいんですね。
今だって上手く文章にすることができません。


そんなことを考えていたら、以前の職場で後輩指導をしていた時の事を思い出しました。

その子達(主に関わったのは2人)は、学習面でははっきり言って優秀ではありませんでしたが、その子なりに絶対に努力していたはずです。

性格も優しく、
接客(ブログ上なのでこの表現にします)する上で、相手の立場に立って物事を考えるといった、(私の仕事の分野で)一番大切なことはきちんと分かっていたし、出来ていました。
(自分も偉そうなことが言える仕事ぶりではありませんがそこはスルーして)。

しかし私はその子の出来ていないところばかりに目がいってしまって、

その子の良いところ、出来ていることを具体的に言葉にして伝えてあげることが出来ませんでした。
出来ていないことばかり指摘されたら、モチベーションも保てないし、ますますやる気が無くなりますよね。

その人の良いところを見つけて、きちんと言葉にして伝える…大切だなぁ。

私はいい歳して人見知りで、思っていることを相手に分かりやすいように、きちんと言葉にして伝えるのが苦手です。
それは自分に対しても言えることかも。
自分の良いところ、出来ていること、自分のためにちゃんと探してあげられているかな。

まずは自分から…、悪いことばかりでなく、良いことも振り返ろう。

それがモチベーション維持につながるのでは。

な~んて考えている今日この頃です。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ ←ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 

ドラクエの曲が弾きたい

インヴェンションのレッスンは最近9番・11番・12番とすすんでいますが、最近1週間では譜読みすら出来ず、ちょい凹み気味の私。
しかし苦戦してはいるものの、現在は昔のようにバッハを弾くことを苦痛に思うことはありません。

子供の頃ピアノを習っていたにもかかわらず、そこまでクラシック音楽に興味があったわけではなく、クラシック音楽を聴くこともなく、恥ずかしいことに世間一般に知られているような超有名曲しか知りません。

全くもってピアノの知識に乏しい私ですが、子供のころはドラクエが大好きで(Ⅰ~Ⅵまでしかプレイしていませんが)、特にゲーム音楽が大好きでした。
昔は意識していなかったけど、ドラクエの曲ってバロックっぽい曲調がけっこう多くて、安らぐのかよくゲームしながら眠くなっていました。

そういえば、昔からバロックっぽい音楽が好きだったなぁ…、
最近、急にそれを思い出して、ドラクエの曲(特にバロック調のもの)がピアノで弾きたくなってきました。

レッスンだけでいっぱいいっぱいだし、サークルの演奏会もあるし、はっきり言って余裕はありませんが、弾きたい気持ちがムクムク。

良い楽譜ないかなぁ。楽譜探しに行きたいなぁ…と考え中です。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ ←ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 

やる気スイッチがみつからない…

ここ数日、めずらしくブログを頻繁に更新しています。
それは…
ピアノの練習に集中できないから。

練習が楽しい時は、ブログを書く時間ももったいないというか、そんな時間があるならピアノを弾きたい。
そしてそんな時の練習は、時間もあっと言う間に過ぎていくんですね。

今は、本当にやる気がみつからない。
元来、怠け者の私。怠けだすときりがない。

ピアノは日々の積み重ねなので、これが続くと絶対あとで後悔しそうなので、早々にどうにかしないとな。

原因は、まだピアノを再開して間もないというのに、焦って自分としては高い目標を設定し過ぎたことかな…

サークルの3月の演奏会。

それまでに曲を仕上げる。頑張れる。
って思ってたけど、やっぱりちょっと自信がない。
まぁ、一度やるって決めたからには頑張るけれど。

この不安が、たぶんやる気のなさにつながっているのだと思います。
先日のサークルの練習会も、体調が優れなかったこともあり、ドタキャンしてしまいました。

でも、たかが趣味・されど趣味。
これを乗り越えれば、きっと得るものがあるはずです。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ ←ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 


新橋ってやっぱり楽しい

職場の同僚と、たまにはオシャレなワインバーに行こう…
と言った話になり、気合いを入れてお化粧、髪もコテで巻いて、お気に入りのワンピースを着て出かけました。

しかし、お店に案内してくれるはずの子が急に都合がつかなくなり、
急遽、新橋で飲むことに。

せっかくオシャレしたのに~…

とは思いましたが、やっぱり新橋は安くて美味しい。築地も近いから魚も新鮮。
そして楽しい。
久しぶりに昔、よく通っていたワインバーにも顔をだせました。

ご兄弟で経営されているバーですが、本当に落ち着く。
仕事やプライベートで疲れた時など、よく一人で通って癒してもらっていました。

もう都会はいいやぁ~、と思って赤坂から引っ越しましたが、やっぱり赤坂・六本木・新橋…、呑んだくれた日々も楽しかったなぁ。

また新橋にいきたいな。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ ←ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 

考えるって楽しい

考えることの大切さ②です。

私は社会人1年生の頃、職場の先輩から
「少しは自分で考えなさい
と、たびたび注意されていました。

その時の私は、
「考えるって何?、何をしたらいいの?」
と、そこから疑問に思いました。

なかなか答えがみつからなかったので、とりあえず片っ端から考える(考える癖をつける)ことにしました。

考えるには学習が欠かせないので、自分が疑問に思うことを勉強しました。

しかし、勉強したから何か答えがみつかるわけでもなく、
「やっぱり私はこの仕事には向いてないんだ。もう辞めた方がいいかな。先輩にも叱られてばかりで、全く成長していない。」
と、かなり本気で落ち込んでいました。

それでも、なかなか仕事を辞める踏ん切りもつかず、
とりあえず、「考える…、勉強する…、考える…、勉強する…」
と、ゴールのない迷路に迷い込んだ気分でさまよっていた訳ですが…、

ある時突然、靄が晴れたみたいに学習したことと仕事が結びつき始めたんです。
そこから、どんどん仕事が楽しくなりました。

この時初めて、私は「考えることの楽しさ」を知りました。

最近ピアノを再開して、「悩むこと・考えること。」
たくさん増えました。

でも、これは決して無駄ではない、大切な過程だと思うので、
思う存分悩もうと思います(笑)
もちろん、考えたからって答えの見つからないものが大半ですが、
そうした中でたどり着いた答えって、ほんのささやかなことでも、たとえ自分の中だけのことだったとしても、とても嬉しいことだし、これからの希望になると思うので。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ ←ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 




考えることの大切さ

社会人になって、あと少しで12年目を迎えようとしています。
まだまだひよっ子です。

社会人になって一番学んだことは「考える」ことの大切さです。

自分で考える…。

どんな些細なことにも疑問を持つ、「何故、何で?」を大切にする。

「誰かが、何とかしてくれる。」「最後にはどうにかなる。」
そんな甘い考えで生きてきた私に、尊敬すべく先輩方が喝を入れ、厳しく社会人の心構えを教えてくださいました。

たくさん泣いたけど(新人の頃は恥ずかしいくらい泣いたな)、今では本当に感謝しています。

私は仕事で、誰かが言ったことを絶対に鵜呑みにしないようにしています。
そして必ず自分の見解を持つようにしています。

最後に責任を取るのは自分(くらいの意気込みで)。
「誰が何と言ったから…、自分じゃない人がやったことだから。」
そんなの言い訳にはなりませんよね。

でも、最終的に責任を取るのは自分ではなく組織なんですよね。
自営業でない限り、自分で責任を取れる範囲には限界があります(悲しいことに)。

だから、仕事って怖い。

自分の出来る範囲内で責任を持ちたい。
そして人に迷惑をかけたくない。
いつも思います。

ちょっとずつ年齢を重ねてきて、最近キリキリすることが増えたな。
そんな自分を変えたくて、去年職場を変えました。

自分の意思で決めたこと。
どんなに辛くても、もう昔のようにメソメソ泣いている訳にはいきません。
頑張らなきゃ。

新人の頃のように、だれも私に喝を入れてはくれないのだから。
まだまだ社会人としては甘ちゃんだしひよっ子です。常識も備わっていません。

でも、今年も「どんな些細なことでも、考える」姿勢を忘れずに。
自分で自分に喝をいれつつ、頑張りたいと思います。

もちろんピアノもがんばるぞ
(むしろ仕事よりピアノの方にやる気がある



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ ←ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 





イタリア協奏曲

新年あけましておめでとうございます。

ピアノを再開する前から、いつかは弾いてみたいと思っていたイタリア協奏曲。
3月のサークルの演奏会に向けて練習を開始しました。

インヴェンションに苦戦している私にはまだまだ難しいかな…、と思っていましたが、先生から「やってもいいよ~」との言葉に、すかさず飛びつきました。

もちろん、現在の課題である「インヴェンション11番をしっかりと練習・仕上げてからね」とのことなので、年末はインヴェンションの練習に力をそそぎました。

なんとか形になってきたので、楽譜購入。
今日から練習を開始しました。
1楽章は合計7ページ。
1日1ページ譜読み、を目指して練習を頑張りたいと思います。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ ←ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 


         
プロフィール

ぱるトロワ♪

Author:ぱるトロワ♪
ご訪問ありがとうございます。
2012年9月より、14年ぶりにピアノを再開しました。
レッスンや練習の記録、日々の出来事などを想いのまま綴っています。
現在は、自宅の電子ピアノを中心にたまに実家のアップライトを使用しつつ練習しています。
いつかグランドを手にする日を夢見て、「毎日練習」を目標に頑張っています。
よろしくお願い致します。

ブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

PVアクセス

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お越しいただき、ありがとうございます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。