スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焦っている・・・、のかなぁ?

「何をそんなに焦る必要があるの?」

最近、母に言われます。
ピアノを再開してから頻繁に実家に帰るようになり、毎回必死で練習しているからでしょうね(笑)。
(自宅には電子ピアノしかないので、アップライトピアノで練習したくて帰っています)
昔の私は、ほとんど練習しませんでしたから、当然曲の進みも遅かったわけですが、現在は練習の甲斐もあり、ペースよく課題も進んでいるように思います。

実家に帰るたびに聴いたことのない曲の譜読みをしているので、母は「頑張り過ぎなんじゃないの?」と心配しているんですね。

別に焦っている訳ではないのですが・・・、

頑張っていることは事実です。
というか、昔が怠け者過ぎでした。

子供の頃は、時間って無限にある気がしていたけれど、
今は、こうやってプライベートな時間を大幅に費やして、ピアノの練習やレッスンに通えることを、とても幸せなことだと感じるんですね。

そして貴重な時間だと。

これが、いつまでも続くわけではないと思うんです。
仕事の役割や量が今より増えたり、生活環境が変わったり、様々な理由により優先順位が変化することで、
いつピアノが弾けなくなるか分からない…

もちろん、細々と続けていくつもりですが、
ピアノに熱中できる今の環境を大切に、この機会に頑張っておきたいと思っています。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ ←ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 


モーツァルトってどんな人?

子供の頃、伝記を読んで(漫画で書かれたもの)モーツァルトの生涯は何とな~く知っていましたが、

何となく知っているだけ。

モーツァルトのオペラも協奏曲もピアノソナタも…

ほとんど知らないんです。

モーツァルトが曲を書く上でどのような表現をよく好んだとか…、
モーツァルトの曲には、こういう表現がよく出てくるだとか…、
苦悩だとか、喜びだとか…、
時代背景だとか…、

先生が時々話してくれるのですが、

いままで私は、そういったことを考えながらピアノを弾いてこなかったんですね。
作曲家個人にあまり興味を持たなかったというか…。

だから、先生のそういった話を聴くのはとても楽しいし参考になります。

せっかく大人になってピアノを再開したんだし、自分でもそうやって作曲家の性格や生き方・時代背景も考えながら曲を弾けるようになりたいな、と最近思います。

そうしたら、今よりさらにピアノを弾くことが楽しくなるのでは…、と。

先生からモーツァルト、ピアノ協奏曲23.24番のCDを貸していただきました。
仕事から帰って、ちょうどまったりとしたい気分なので、これから聴いてみようと思います。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ ←ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 


可愛い妹犬

まーちゃん


名前はマーブル(愛称;まーちゃん)といいます。女の子です。
私が中学生の時に保護施設(っていうのかな?)から母が引き取りました。
私が一人暮らしを始めるまで、8年間一緒に暮らした可愛い妹です。
まだたった生後2~3か月で我が家に引き取られたこの子は、最初は怯えた様子で、いつも不安そうな目をしていましたが、天真爛漫な子で、すぐに私たち家族やご近所にもなじみ、こんなステキな笑顔をしてくれるようになりました。
この写真は13歳くらいかな?髭や毛も白くなってきて、もうすっかりおばあちゃんの頃です。

一緒の施設から引き取られた、お隣に住むピッコロ君と、常に仲良く寄り添って夫婦みたいだったのですが、
そのピッコロ君が亡くなってしばらくすると、ぽっかりと胸に穴が空いてしまったのか…、まーちゃんは認知症になってしまったんですね。

久しぶりに実家に帰ったら私の事も忘れていて、簡単なことも出来なくなっていて驚きました。
最後は家族みんなに看取られて息を引き取ったわけですが。
母はしばらくペットロス症候群になっていたようです。

亡くなって何年も経ちますが、今でも家族の中でたびたび話題に上りますし、私の中でも、まーちゃんはずっと忘れることのない大切な妹なんですね。。


私の今の夢は…

自分の家に防音室を作って、グランドピアノを置いて、そのお家で犬と暮らすことです。
(ピアノにハマりだしてからの私の口癖です)
特に最近、いろいろなのブログを拝見している内に、どうしても犬と暮らしたくなりました。


どれもこれも、すぐには不可能なことばかり…。
(まず、自分の家買うところからはじめないといけないし
この夢を叶えるためにも、とりあえずは働かないとなぁ…
と、妄想終了現実にもどる今日この頃です(笑)。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ ←ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 


その気持ち…、よく分かるよ

私の母は自宅近くのケアプラザという施設で、毎週高齢者を対象にしたボランティアに参加しているのですが、

ボランティアの方にはピアノ講師をされている方もお2人いらっしゃるようで、

ブルグミュラーの曲やら童謡やら…、
時には連弾したりと、
様々な曲を演奏していらっしゃるようです。

「あんたも弾きにくれば!?、簡単な童謡で良いのよ。適当に伴奏つけてさー。出来るでしょ?」
と言われますが…

楽譜が無い中で、さらに適当に伴奏つけて弾くなんて、そんな高度なこと出来ません(-"-;)

そのピアノ講師をされている方が、
雑談の中で母に話されたそうですが…、

生徒さんがレッスンで「霜焼けで手が痛くて、ピアノが弾けない。」
と言ったそうです。

要は、「練習してこなかった言い訳」のようなのですが(笑)。

バレバレな言い訳で
微笑ましいですよね。

でも私も昔、同じような経験があるんですね。

ある日、全く練習していかなかった私は、先生に「右手の指を痛めて弾けなかった…」
みたいな言い訳をしたんです。

そうしたら、先生は
「じゃあ、今日のレッスンは全て左手だけ弾いてくれれば良いから。」
…と。

私は「えっ!?左手だけレッスンするの!!?」
と驚愕…。

ハノンもツェルニーもバッハもぜ~んぶ、左手だけのレッスン、かなり苦戦しました。
普段、右手にごまかされ、いかに左手を聴けていないかを思い知ったわけですが、

「何で、左手が痛いって言わなかったんだろう…」←それ違うだろ!って昔の私にツッこみたい(汗)
とその時の私は、懲りずにとんちんかんな事を考えていました。


それでも、この右手を一切使用してはいけないレッスンにはだいぶ懲りて、それ以降、「指や手」をネタにした言い訳は言わなくなりました(笑)


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ ←ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 


動画UPしようと思ったら

ピアノを再開して3ヶ月が経過しました。


まだ3ヶ月なのに…


もう、レッスンで合格したはずの曲が弾けなくなってしまっているんです(涙)


既に終了したインヴェンションの動画も残しておきたかったのですが。


時間が経つとますます忘れてしまうと思うので、早めに動画UPのための練習もすすめていきたいと思います。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ ←ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 


一夜漬けって何でダメなんだろう

学生時代の私のピアノレッスンは殆どが一夜漬けでの練習でした。

さすがにテスト勉強のように、書きながら次々と忘れっていくってことはありませんが、

前日に一夜漬けで譜読みした曲は、たとえ何時間練習したとしても、レッスンで上手く弾けることはありませんでした。
先生にもバレバレみたいでしたし

やっぱり前日に(もしくは当日なんてことも…)5時間練習するより毎日の10分…それはさすがに少ないかな…、
なのでしょうね。

最近、定期的ピアノの練習するようになって本当にそう思います。


前日にかなりの時間をかけて譜読みした曲なのに、翌日さらってみたら全然弾けない…。
なんだかやる気が失せて、ちょろっと弾いただけでその日の練習は終了。

さらに翌日、期待せずにもう一度さらってみたら…、あれ
昨日より楽に弾ける…、昨日はほとんど練習しなかったのに…。
ということが、たびたびあるんです。


あと頑張って練習して早々に合格した曲って、あっと言う間に忘れて弾けなくなる気がします。
頑張って練習する曲って、自分の好きな曲のことが多いんですが…。

好きな曲なのに、少し他の曲に夢中になっている内にすぐに弾けなくなる
いつも気が付いたら弾けなくなってて大ショックなんです。


やっぱり脳に記憶が定着するのって時間が必要なのかな。そして反復練習も。

曲のレパートリーもどんどん増やしていきたいけれど、維持するのって大変ですね。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ ←ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 

都会人っぽいことしてみた

半年ちょっと前まで港区赤坂に住んでいた私ですが、転職のためにお引越し。
現在、某住宅街に潜んでおります。


お家大好き人間の私は、もともと引きこもりが苦じゃなく、お家に居るのが一番幸せ。
ここ数カ月、ほとんど家の周辺にしか出没しませんでしたが…


昨日は久しぶりに丸の内のイタリアンへ。
学生時代の友人と、女子トークしてきました。


クリスマスでどこもかしこもキラキラ~
そして皆、オシャレ~
こういう場所に来ると、洋服が欲しくなるオシャレがしたくなる
ポルチーニのピザ~、あぁ…なんて良い香り…幸せ~
カクテルおしゃれ~  ←全然、都会人じゃない(笑い)


もちろん、今私が夢中になってるピアノへの熱意もしっかりと友人に伝えてきました。
(押し付けだけどね~。この話つまらなかっただろうなぁ~。でも言いたかった。)


良い気分転換になりました。
手首の痛みもほとんど無くなったみたい。
ピアノ…、もっとのんび~り、ゆる~り楽しみたいのだけど、ついつい熱中し過ぎちゃって疲れちゃうんです。


この先、たとえ80歳になっても、90歳になっても、100歳になっても(さていったい何年生きるつもりなのでしょう…、)末永~く弾き続けたいから、もう少し肩の力を抜こうかな。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ ←ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 


現実逃避してもしょうがない、覚悟を決めよう。

先日から痛み出した左手首。
そして、実はピアノを再開してから、やたら左肩が凝るんです。
最初は譜読みで眼が疲れているのかなぁ…なんて軽く考えていたのですが、やっぱり違う気がします。


絶対、ピアノを弾くフォーム(指の使い方、腕の使い方などなど)が悪いのです


インヴェンション7番の動画を観ても、手首が変な動きをしているし、なにより音量を抑えて優しくレガートで弾きたい部分でも、とにかく無駄な動きが多い。

自分が脱力が出来ていないのは分かっていました。
悩んでもいました。
「どうせ今さら頑張ったって変わらない、無理に決まってる。」と逃げていましたが

このままでは腕を痛めてしまいそうです。

もうこうなったら、きちんと現実と向き合おう。逃げてちゃダメだ
(ちょっと大袈裟ですが…汗)

というわけで、
ピアノの弾き方直します

とりあえずは、先日ブログにも書いた「目からウロコのピアノ奏法」←実は買ってから今日初めて本を開きました。
を参考に、修正していきたいと思います。

でも、よくよく本を読んでみると、先生のアドバイスと同じことが書いてある。
何というか、私が先生からの指導やアドバイスをきちんと理解できていないんだなぁ。
せっかく教室に通ってるのに、もったいない。

先生にも相談してみよ~っと。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ ←ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 

気のせいだと思いたい・・・けれど

どうも、一昨日あたりから左手首が痛いです。

それも小指側の手首の付け根の骨が出っ張ってる部分が限局して痛みます…、
確実にピアノの練習で痛めたと思います。


どうしよう(涙)…。


モーツァルトK283の2楽章で、左手の低音部をきれいに弾こうと力み過ぎたこと(力んだらきれいに弾けませんが)。
1楽章の左手オクターブ部分を、しっかり上から鍵盤をおさえようと、変に力んで弾いたのが原因と思われます。
たぶん…


今までは、手や腕が痛くなっても少し休めば治っていたし、低音をおさえながら弾く曲も初めてではないはずなんですけどね。


私は仕事で腕や手の力を頻繁に使うのですが、仕事中も力むと「アッ…」←急に痛みを感じたときの私のつぶやき。
と痛みが走り、
「これ以上手を痛めたらピアノの練習を休まなくてはいけなくなるかも。」という不安から左手に力が入りませんでした(っていうか怖くて入れられなかった)。


早く治ると良いのですが…。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

         
プロフィール

ぱるトロワ♪

Author:ぱるトロワ♪
ご訪問ありがとうございます。
2012年9月より、14年ぶりにピアノを再開しました。
レッスンや練習の記録、日々の出来事などを想いのまま綴っています。
現在は、自宅の電子ピアノを中心にたまに実家のアップライトを使用しつつ練習しています。
いつかグランドを手にする日を夢見て、「毎日練習」を目標に頑張っています。
よろしくお願い致します。

ブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

PVアクセス

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お越しいただき、ありがとうございます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。