スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衝動買い

「目からウロコのピアノ奏法」 ~オクターブ・連打・トリル・重音も即克服~
「目からウロコのピアノ奏法」 ~オクターブ・連打・トリル・重音も即克服~

一昨日、母と買い物のついでに楽譜売り場に立ち寄ったら、
母が「私もこれを読めばピアノが弾けるようになるかしら~(母は楽器の経験は全くありません)。」
と言って、私のところへ持ってきた一冊でした。


中身をめくってみると…、比較的文字が少なく絵が多いので読みやすそうです。


私が今注目している、脱力やら音の聴き方などについて書かれているぽいです。
思わず衝動買いしてしまいました。
こらから、じっくりと…いや、のんびりと読むことにします。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

動画アップできました

インヴェンション7番。
まだ練習中ですが、先日購入したハンディ・ビデオ・レコーダーを使用してみたくて、まだレッスンに合格していないのに、動画撮影をしてしまいました。
練習途中ですみません。


機械に弱い私は録音するのに一苦労、YouTubeにアップするのにまたまた一苦労…いや大苦戦でした。


ミスタッチはちらほらありますが、初動画アップってことで良しとします(というか…やっぱりノーミスって難しい)。


それにしても、動画って自分が客観的に観れて良いですね。
反省点がたくさんで勉強になります。
でも今は(動画が録れた)達成感の方が上みたいで、あぁ~満足。


画像や音の質もまだまだ改善の余地がありそうなので、いろいろと動画撮影の方法についても調べてみたいと思います。
そして、ピアノの練習も頑張らないとですね。






にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


購入しました

自分の練習した曲を記録に残したくて、昨日ビデオ レコーダーを購入しました。
もともとPCは苦手で、まだ動画のUPの仕方、ブログへの貼り方など、分からないことだらけなんですが、とりあえず頑張ってみるつもりです。



しかし、PC技術はもちろんですが、よく考えたらUPする演奏の方が問題かも。
なにせ、1曲をノーミスで弾けることの方が珍しいので…。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


昨日・今日の練習

インヴェンション7番。
装飾音の弾き方を修正。
だいぶ慣れてきたので、曲のテンポを上げる練習をはじめました。


この曲は4分の4拍子なので、4分音符単位でリズムが刻めるように意識しながら練習しています。


これはインヴェンション2番で学んだことなんですが、
(もちろん、何拍子に限らず、各フレーズは意識しながら弾くわけですが、)
音符1つ1つを単体としてみて弾く場合と、4拍子を意識しながら弾く場合とで、曲の雰囲気が全く違ってくるんですね。
4拍子を意識しながら弾くと、とても曲が軽快に聴こえます。


バッハは楽譜に何の速度指示も書いていない。また、装飾音に関しても当時は即興で演奏することが多く、こうしなきゃダメ…、っていうものはないらしいですね。
…初心者にはそういうはっきりしないのが、一番困るのですが。


先生は、曲の雰囲気に合った速さで(自分がこの曲が一番きれいに聴こえると思う速さ)で弾けば良い、と言います。
軽快な曲なら軽快に聴こえるように…など。


む…、難しいです。
曲の速度を上げるっていっても、ただ単に速く弾けば良いわけではないのですね。



モーツァルト ソナタk283 1楽章は、
来週が仕上げ(の予定)です。

曲のテンポですが、今くらいじゃないと、ただ弾くことに必死になってしまうので、もう速度は上げないつもりです。
先生も、「1楽章で少し余裕があるくらいじゃないと、3楽章はもっと早いから弾けなくなるわよ。」
と言います。


そっかぁ、1~3楽章まででひとつの曲なんだから、各楽章での速度のバランスも考えないといけないんですね。
1楽章はアレグロ、3楽章はプレスト。
確かに1楽章を限界の速さで弾いたら3楽章が弾けなくなっちゃいますね。


あとは、決まって止まったり・ミスしたりの箇所があるわけですが、先生は「決まってつっかえる場所には絶対になにか原因があるはずだから、そこを直してきてね。」
と言います。


やはり、「慣れれば弾けるようになるさぁ~…」ではなく、ミスする原因を突き止め改善しないと先には進めないということか…。
こういうの苦手…、


たくさん考えなきゃいけないことがあるな。
楽しいからいいけど。

そうそう、2楽章の譜読みもしなきゃです。ちょっと弾いてみたけど、苦戦しそうな予感がしました…。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


インヴェンション7番

やっと、左右の手の音を聴き分けながら、そして主旋律を意識しながら弾けるようになってきました。


インヴェンションは、譜読み開始からここまで到達するのに、何時もかなりの時間を要します。


でもこの段階まで頑張ると、急に曲が綺麗に聴こえてくるようになって、弾くのが急速に楽しくなるんです。


このインヴェンション7番も、やっとこの域に達したみたいで、今は何度繰り返し弾いても飽きません。


やっぱりインヴェンションって、綺麗だなぁ、と再認識。


インヴェンション7番、好きな曲の仲間入りです♪


ただバッハの曲って、ここまで到達するまでのモヤモヤが本当に長い~(-"-;)


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


J.S.Bach インヴェンション

私が現在使用している「インヴェンションとシンフォニア」の楽譜。大事な一冊です。


中学入学と同時にピアノ教室が変わり、その際教室の先生にアップライトピアノ購入を強く勧められたのですが、「たかが趣味でしょ。」っと、全く音楽に理解を示さなかった両親が、何故か先生の説得に耳を傾け、ピアノの購入を認めてくれました。

その際にピアノ購入の特典として楽譜を1冊プレゼントしてくれることになり、先生の選んでくれた楽譜が、この「インヴェンションとシンフォニア」のウィーン原典版でした。


その当時、私はまだ「プレ・インヴェンション」を弾いていて、「いつになったらこの本をレッスンしてもらえるのか。」と、とても楽しみにしていました。


しかし練習を怠けてばかりの私は、プレ・インヴェンションですらやっとの卒業で、その後「小プレリュードと小フーガ」に苦しみ、インヴェンションにたどり着いた頃にはすっかりバッハが嫌いになっていました。


高校の後半はほとんど練習もしなくなり、高校卒業を理由にピアノを辞めてしまった訳ですが…、


何故か今は、バッハが大好きなんですね。
あんなにつまらなかったはずのインヴェンションも、実はとてもキレイな曲ばかりで。
弾くのがとても楽しいです。


早くシンフォニアも弾きたいな。そしてフランス組曲、イタリア協奏曲、平均律と、何年かかっても頑張りたいです。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


脱力って何?

ピアノを再開して2か月半、最近よく目にする言葉が脱力です。


私は、レッスンの導入がエレクトーンだったのと、その当時、家にあったピアノが電子ピアノだったため、ピアノを弾く手が全く養われておらず、中学生で教室を変わった際には、教本のレベルを落とし、何年もかけて手の形・弾き方を矯正されました(その際に先生から強く勧められ、アップライトピアノを購入しました)。


しかし完全には身につかず、今も少し気を抜くと親指の付け根をはじめ、指の付け根の関節が凹んでしまうんです。


今の先生は、手の形や弾き方は問題ない、直すことと言えば各指1本1本への力の移動の仕方だと言います。


そして基本は親指だと…。

今も昔も手の形に悩まされてばかり。
でも現在の先生に師事するようになってまだわずかですが、先生のアドバイス通り、とにかく親指の付け根を常に意識するだけでも、とてもピアノが弾きやすくなったんです。

先生からのたった一言のアドバイスが、自分のピアノの可能性を拡げるんだな。
先生に感謝。やっぱりレッスンを再開して良かった。


脱力って何なのか、全然分からないけれど、これからも日々ピアノを弾く手の形に注意して、時には先生に相談して、いつか自由自在に音が表現できるようになりたいです。


って…、結局、脱力って何?堂々巡りだな。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ショック

いつも電子ピアノで練習している私ですが、今日は仕事がお休みだったので、実家に置いてあるアップライトピアノで練習しました。


いつもは電子ピアノに内蔵されているメトロノームでテンポを確認しながら練習しているのですが、実家のメトロノームは十年以上前に壊れてしまい、今はありません。

そのため自分で拍を数えつつ弾く訳ですが、どうしても気がつくと突っ走ってしまい、弾けるはずのない速さになり、曲が崩壊します…。

それも厄介なことに、次第にどのくらいの速さで自分が弾けていたのかも分からなくなり、もとの速度に戻せなくなってしまうんです(;_;)。
そして泥沼状態に。

今日は実家で、モーツァルトのソナタを練習しましたが、まさにこの泥沼状態になってしまいました。

私の練習を聴いていた母に、
「何だか、すごく切羽詰まって弾いているように聴こえるのよね。聴いているこっちも落ち着かない気持ちになる。」
と言われてしまいました。


人を落ち着かない気持ちにさせるモーツァルトって…(-"-;)

「すごく焦って弾いているように聴こえる…」
これ、先生からもよく注意されるんです。

まったく楽器を弾いたことのない母にも言われ…、とてもショックでした…
それも、ちょっと弾けるようになってきたかなぁ~、なんて思っていたところだったので、撃沈です…。
思い上がってました~(;_;)



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


グランドピアノが欲しい

私は現在職場の寮に住んでいるので、電子ピアノしか置くことができません。
でもやっぱり、生ピアノが弾きたい。


電子ピアノだってかなり奮発して買ったわけですが…
最近は本気で、いつかグランドピアノが置ける家に住もうと夢見て、ただいま節約中です。
本当に夢のような話ですが…。


とりあえずは明日は仕事が休みなので、今日はこれから実家に帰って、生ピアノを弾いてこようと思います。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


本日の練習

インヴェンション7番の譜読みをしました。
私はインヴェンションはウィーン原典版を使用しています。
子供の頃、レッスンしていただいていた先生が用意してくれた、ちょっと思い入れのある楽譜です。
せっかく先生が原典版を用意してくれたのに、14年前の私は、嫌々バッハを弾いていて、自分から曲の構成を知ろうとか、分析してみようとか、考えたこともありませんでした。

今の先生は、「レッスンに通わなくても、自分一人で譜読みができる力を養って欲しい。」
「間違えて譜読みしてきても構わないから、最初はとりあえず自分の力で考えて弾いてきてね。」と言います。
だから、CDやYouTubeなどで見本演奏を聴くのも禁止です。
自分で曲の分析をしたことのない私は、毎回、譜読みに苦戦しています。
「自分で考える力を養う。」…、とても大切なことですよね。怠け者の私は、ついつい楽して正解を得ようとしてしまうのですが…。

7番はとりあえず、主題が右手・左手と交互に出てくる?そして1番と似た構成の曲らしいですね。
装飾音に関しては、巻末にある解説を読みながら練習しましたが、いまいちよく分かりません…。
ひとつの装飾音符の弾き方にも2~3個解説が書いてあるものもあって、どれを選んだらよいものか。
前回のモーツァルトのレッスンの時、先生は自分が弾いてみてキレイだと思う方を選べば良い…みたいなことを言っていたので、とりあえずは自分の好みで解説の中から選んで弾いてみたいと思います。
装飾音符がたくさんあると、それに一生懸命になって、どうも惑わされます。
たぶんここは左手の主題がしっかり聴こえるように弾かないといけないのだろうけれど、嗚呼…、右手に惑わされて、左手が全然聴こえません(涙)。

次回のレッスンまで一週間あるので、ゆっくりと片手練習からがんばりたいと思います。

モーツァルトのソナタK283 1楽章は、ゆっくりペースであれば少し余裕を持って弾けるようになってきました。

今日がんばったのは、この曲の中での、P(記号のピアノ)はどのように弾けば良いのか…、です。
ただ弱く弾けば良いのではない…と。前回のレッスンで先生から教えていただいたいくつかのアドバイスを参考に研究中です。
そして明るく軽やかに聴こえるように、ちょっと歌いながら弾いてみたりしました(笑)。
あとは右手と左手のバランスを考えながら、左手の弾き方を中心に練習しました。

こちらも一週間後のレッスンを目指して、少しでもモーツァルトらしく弾けるように頑張りたいです。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

ブログはじめました

引っ越しを機会に、14年ぶりにピアノのレッスンを再開することにしました

4~5歳頃よりヤマハでエレクトーンのグループレッスンを開始。
9~10歳頃?より同じヤマハでピアノ個人レッスンを開始。
小学校6年生の初めに一旦ピアノを辞めるが、中学入学と同時に近所の個人ピアノ教室にてレッスン再開。
高校卒業までレッスンに通っていました。

そして今回久々のレッスン再開です。
PCで近所のピアノ教室を検索。2012年8月3日に体験レッスン。先生とお話ししてレッスン再開を決意。8/18に電子ピアノを購入。9/5よりレッスン開始しました。

だいぶ弾けなくなっていたため、体験レッスンではブルグミュラーから「貴婦人の乗馬」を演奏。
ソナチネアルバム1、バッハのインヴェンションからレッスンを再開しました。

ソナチネアルバムからは
・クーラウ Op.55,No.2
・クレメンティ Op.36,No.2
・ハイドン ソナタハ長調から1楽章
と3曲弾き、現在はモーツァルトのソナタアルバム1をレッスンしています。
インヴェンションは、子供の頃に1番・8番は終了していたので、それ以外から。
2番・3番・4番・5番・6番・10番が終了し、現在7番を練習中です。

子供の頃は嫌々練習していたため、全く上達しませんでしたが、現在は大人の趣味としてゆる~り楽しみながら弾いています。
ピアノって楽しい
そんな気持ちが伝わるブログにしていきたいと思っています。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村








         
プロフィール

ぱるトロワ♪

Author:ぱるトロワ♪
ご訪問ありがとうございます。
2012年9月より、14年ぶりにピアノを再開しました。
レッスンや練習の記録、日々の出来事などを想いのまま綴っています。
現在は、自宅の電子ピアノを中心にたまに実家のアップライトを使用しつつ練習しています。
いつかグランドを手にする日を夢見て、「毎日練習」を目標に頑張っています。
よろしくお願い致します。

ブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

PVアクセス

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お越しいただき、ありがとうございます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。